マネ、ケイタ、そして南野拓実…。名将クロップはなぜ“ザルツブルク経験者”を欲しがるのか?

マネ、ケイタ、そして南野拓実…。名将クロップはなぜ“ザルツブルク経験者”を欲しがるのか?

2019.12.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 レッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実のリバプール移籍が秒読み段階に入っている。複数の英国メディアが報じたところによれば、すでに違約金725万ポンド(約10億1500万円)を支払うことでクラブ間での基本合意には達しており、メディカルチェックと個人条件の話し合いをパスすれば、入団が正式決定する運びだ。


 直接引き抜いたわけではないが、リバプールには、既存メンバーにもザルツブルクでその才能を開花させた選手がいる。FWのサディオ・マネとMFのナビ・ケイタだ。


 南野の加入が決定すれば、ユルゲン・クロップ監督の下で、3人目の「ザルツブルク経験者」となる。これは決して偶然ではない。ザルツブルクのサッカーが身体にしみ込んだ選手を、指揮官は欲しているのだ。

  まだ無名だったマネがフランス3部のメスからのザルツブルクに移籍したのは2012年の8月。引き抜いたのは、その数か月前にこのオーストリアの強豪のSDに就任したばかりのラルフ・ラングニックだった。


 シュツットガルト、ハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムなど、ブンデスリーガのクラブの監督を歴任してきたこのドイツ人SDは、「ゲーゲンプレス」の生みの親とも言われている。そう、クロップ監督の代名詞でもある、ボールを奪われた瞬間に素早いプレッシングで取り返し、カウンターに繋げるスタイルの潮流を作った人物だ。


 そのラングニックが招聘したロジャー・シュミット監督の下、ザルツブルクは欧州中に衝撃を与える。13-14シーズンのヨーロッパリーグで、プレーオフも含めて破竹の10連勝を飾るのだ。とりわけインパクトを残したのがラウンド・オブ32のアヤックス戦で、敵地で3-0、ホームで3-1とオランダの名門を文字通り圧倒してみせた。


 ハイプレスからのカウンターが見事にはまったこの2試合で、2ゴール・1アシストと躍動したのが、マネだった。一気に声価を高めたセネガル代表FWは、半年後にサウサンプトンへ移籍し、そして2年後にリバプールの一員となる。クロップ監督はこの時、ザルツブルク時代からマネを注視していたことを明らかにしている。


 そのマネが、いまやリバプールのサッカーに不可欠なパーツになっているのは、言うまでもない。指揮官はほとんど休ませることなく、この快足アタッカーを重用し続けている。 14年夏に、マネと入れ替わる形で加入したナビ・ケイタも、ザルツブルクでブレイクを果たした。シュミットは2年でチームを去り、翌年には姉妹クラブのRBライプツィヒでの仕事に専念するためラングニックもSDの職を辞したが、その後も苛烈なプレスを掛けるスタイルは受け継がれ、抜群の運動量とボール奪取能力を兼備したギニア代表MFは、瞬く間に戦術的キーマンとなった。


 2年間オーストリアで研鑽を積んだケイタは、ラングニックがSDを務めるRBライプツィヒに移籍。ブンデスリーガで2シーズンを戦い、18年夏にレッズのユニホームに袖を通したのだった。


 ちなみに、マネ、モハメド・サラーとともに強力トリデンテの一角を担うロベルト・フィルミーノはホッフェンハイム時代に、フィルジル・ファン・ダイクとCBコンビを組むジョエル・マティプはシャルケ時代に、ラングニックの指導を受けている。ともに加入したのはクロップがマージーサイドに来る数か月前だが、そのサッカーにフィットするうえで、ラングニックの戦術を経験したことはプラスになったはずだ。

  15年1月にザルツブルクに加入した南野は、ほぼ丸5年をこのクラブで過ごし、すっかりザルツブルク・スタイルを身に付けた。とくに現役時代にクロップに師事し、引退後はラングニックの門下生となったマルコ・ローデ(現ボルシアMG監督)から、2シーズンに渡って薫陶を受けたことが、日本代表FWを大きく成長させたのは間違いない。


 実際、いまや主軸となった日本代表の試合でも、その得点力とともに前線でのハードワークは際立っている。


 南野の獲得に動く決定的な要因となったのは、やはりリバプールを相手に1ゴール・1アシストをマークしたチャンピオンズ・リーグのグループステージ第2節だろう。だが、得点に絡んだだけが理由ではないはずだ。ザルツブルクのスタイルを体現できる南野なら、クロップ監督のサッカーにフィットする――。その確信があったからこそ、引き抜きを図ったのだ。

  実際、ザルツブルクのSDとして南野の獲得に携わったラングニックも太鼓判を押している。英衛星放送『Skysports』によると、「ミナミノは、ボールを持てるし、技術が高く、メンタル面も強い。ボールを取り返そうとする努力を惜しまない」とセレッソ大阪から引き抜いた理由を明かし、自身とクロップのスタイルが似通っていると前置きしたうえで、そのサッカーにマッチすると語ったという。


 30年ぶりのプレミアリーグ制覇へ向けて首位を快走するリバプール。指揮官が最も懸念しているのが、疲労による失速だろう。とりわけ、前線トリオのうち一人でも調子を落せば、自慢のゲーゲンプレスの破壊力も低下する。その穴を埋めるアタッカーを補強するなら、当然ながら高度な戦術のなかでポテンシャルを発揮できる即戦力でなければならない。


 だからこそ、クロップはザルツブルクの18番をラストピースに選んだのだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事