米子北の大分入団内定DF高橋が敗戦を猛省…プレミア昇格ならずも、青森山田との選手権初戦へ「引かずに戦う」

米子北の大分入団内定DF高橋が敗戦を猛省…プレミア昇格ならずも、青森山田との選手権初戦へ「引かずに戦う」

2019.12.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 終了のホイッスルが鳴ると、人一倍悔しそうな表情で唇を噛んだ。スコアは0-1。僅差とはいえ、負けたら終わりの一発勝負。大分入団が内定している188センチの大型CBは敗戦の責任を背追い込んだ。


 16チームが4つの椅子を競うU-18高円宮杯プレミアリーグ・プレーオフ。その1回戦が12月13日に広島県内で行なわれ、米子北の高橋祐翔(3年)は北海道コンサドーレ札幌U-18戦に臨んだ。


 守勢を余儀なくされる時間が多い中で、背番号4は高さを生かした守備で最終ラインを統率。周りと連係しながら、何度もボールを跳ね返していく。ゴール前に迫られる回数も少なくなかったが、仲間に声を掛けながらピンチを凌いだ。前半は0-0。押し込まれていたものの、守備は破綻せずにハーフタイムを迎えた。


 以降もタフに戦いながら、北海道王者に喰い下がる。実際に後半は序盤に押し込み、前半以上に攻め込むシーンが増加。あとは決め切るだけ――。しかし、後半12分にゴール前でPKを献上して失点。主導権を握りつつあっただけに、あまりにも勿体無い失点だった。以降も高橋は懸命に戦ったが、最後までこのビハインドを跳ね返せずに敗戦。2年ぶりのプレミアリーグ復帰は果たせなかった。


 試合後、高橋はチームの戦いぶりを冷静に分析しつつ、自身の出来については猛省。とりわけ、口にしたのはビハインド後のメンタリティだ。

「中村先生からも試合後のミーティングで言われたけど、1点ビハインドの時に自分が冷静さを保って、どうやったら得点を取れるかを考えるべきでした。チームを引っ張らないといけなかったし、自分は代表やプロの練習に参加していて、みんなができない経験をさせてもらった。その学びはこういう場面で出さないといけない。自分でもそう思ったし、(0-1になってから)自分がセットプレーから点を取ってやるぐらいの気持ちで引っ張るべきだった」


 悪いプレーをしたわけではない。身体も張っていたし、フィードを入れる回数は限られたが、得意の左足で局面を変える場面もあった。だが、結果には結び付いていない。プロの世界で戦うためには「もっとやってもらいたい」と中村真吾監督から発破をかけられたように、今以上のプレーで相手を圧倒する必要があった。

  ただ、責任を感じる言葉が出てくるようになったのは、高橋の成長でもある。下級生の頃は精神的に未熟で、私生活から高い意識を持てていたわけではなかった。食事面で指揮官から叱責されることもしばしば。現在のように、自分の言葉で理論整然と話せなかった。それでも、昨秋にJクラブの練習に参加し、U-18代表にも招集されたことで少しずつ意識が変化。来季から加入が決まっている大分のトレーニングでは岩田智輝に刺激を受け、日の丸を背負うために何が必要かを学んだ。


「同じDFとして一緒にサッカーをしたことで、今後何に取り組むべきかを知りました。岩田選手から刺激をもらい、自分の目標も見えた。判断のスピードが違うので身に付けないといけないし、対人プレーも強くならないといけない。相手にどう対応すればいいのかを考えさせられたし、岩田選手はフィジカルが強かったんです」


 そうした経験を積み重ねて、成長を遂げてきた。今日の負けも今後のサッカー人生に必ず役に立つはずだ。


 今年のチームの目標はプレミアリーグ昇格と高校サッカー選手権の優勝。一つ目の夢は絶たれたが、まだ冬の全国舞台が残っている。

「プレミアリーグ昇格は叶えられなかったので、あとは選手権に向けてやるだけ。今日の反省を生かし、残り3週間ぐらいで修正したい。初戦は青森山田なので、引かずに戦いたいと思います。決勝でしか当たれないような相手と、いきなり戦えるのは貴重な経験。そこはプラスに考えて、取り組んでいく」


 米子北の初戦は1月2日の2回戦。前年度王者の青森山田に対し、高橋はどんなプレーを見せるのか。夏のインターハイは負傷欠場しただけに、最後の冬に懸ける想いも強い。チームを日本一に導くためにも、この敗戦を成長の糧にする。


取材・文●松尾祐希(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事