PK事件から2年3か月後もかかったハッピーエンド――ネイマールとカバーニの“雪解け”【現地発】

PK事件から2年3か月後もかかったハッピーエンド――ネイマールとカバーニの“雪解け”【現地発】

2019.12.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 2017年9月17日にPKキッカーを巡って勃発した、いわゆる「ペナルティーゲート」が、2年3か月もの期間を経てついにハッピーエンドを迎えた。


「ペナルティーゲート」は当時、世間を大きく賑わせた事件だった。その年の夏にバルセロナから移籍してきたネイマールが、PKキッカーを務めていたエディンソン・カバーニからボールを強奪し、大騒ぎになった。


 名門のエース同士の間で生じた事件はその後も尾を引き続け、王様然とした態度を改めないネイマールの素行の悪さに嫌気がさしたサポーターは、クラブ史上最多得点記録も記録した謙虚なカバーニを愛し続けてきた。


 それからおよそ2年。32歳となった今シーズンのカバーニは相次ぐ怪我に泣かされ、出場機会を満足に得られないようになっていた。“フランスの至宝”キリアン・エムバペの飛躍的な成長やアンヘル・ディ・マリアの復調、さらにマウロ・イカルディの電撃入団などのチーム事情もベテランFWの厳しい状況に拍車をかけた。


 カバーニは、トレーニングで黙々と努力してきたが、気づけば、試合終盤に投入される「バックアッパー」になり下がっていた。現地メディアも、「カトル・ファンタスティック(4人のファンタスティック=ネイマール、エムバペ、ディ・マリア、イカルディ)」の話題に集中し、存在感が希薄なウルグアイ代表FWを取り上げることはほとんどなくなっていた。


 だが、サポーターたちは忘れていなかった。

 12月11日のチャンピオンズ・リーグ(CL)のガラタサライ戦で、68分にイカルディとの交代でカバーニが投入されると、本拠地パルク・デ・プランスの観衆は大喝采で迎えた。すでに4-0でしており、チームもすでにラウンド・オブ16進出を決めていたため、余裕のムードが漂っていた。


 だが、カバーニは必死に走り回った。ボールは来ずとも、味方からパスを呼び込む動きで、果敢にスペースへ飛び出す。懸命なベテランストライカーの姿がそこにあった。


 それでもボールが回ってこなかったため、カバーニは、黙してベンチに戻るしかないと思われた。ゆえに81分にエムバペがPKを獲得した時も、人々の視線はキッカーのネイマールへ向かった。いまや、力関係は2年前からすっかり変化してしまっていた。


 しかし、その瞬間、信じがたい光景が広がった。ネイマールがボールをカバーニに手渡したのだ。 ボールを受け取ったカバーニは、緊張した表情でボールをペナルティースポットに置いた。彼の周りには「ワールドカップのファイナルで決定的なPKでも蹴るかのような」(L’EQUIPE本紙)雰囲気が立ち昇っていた。そのプレッシャーは、観る者にもひしひしと伝わり、スタジアム全体が息を呑んだ。


 しかし、百戦錬磨の名手は、プレッシャーをはねのけ、相手GKの同胞フェルナンド・ムスレラの逆を突くシュートを決めた。カバーニにとっては、今年8月18日のレンヌ戦(リーグ・アン第2節)以来となる、パリSGでの通算196ゴール目となった。


 ゴールが決まった瞬間も驚きのシーンが見られた。なんとネイマールが真っ先にカバーニに飛びついて喜びを共有したのである。これには、観衆もチャントをスタジアム中に轟かせて陶酔。スタジアムは幸福の絶頂を迎えた。安堵の表情を浮かべた当人も、あの「銃撃セレブレーション」のジェスチャーを遠慮がちにやってみせた。

 試合後、チームメイトたちからはネイマールへの賛辞が相次いだ。マルキーニョスが、「美しい行動だった。おかげでエディンソンも再びゴールすることができたんだ」と利他性を強調すれば、指揮官もトーマス・トゥヘルも「僕は本当に嬉しい。彼が大きなハートをもっている証明だ」と10番を絶賛した。


 だが、新たな問題が噴出している。2020年6月で満了となるカバーニの契約延長交渉はが一向に進んでいないのだ。このまま行けば、今シーズンの終了後にはフリーエージェントとなってしまう。本人はパリ愛を強調し、残留の意向を強めていたが、レオナルドSDはいまだ明快な答えを出していない。


 ついにネイマールとの関係修復に至ったカバーニは、パリSGといかなるハッピーエンドを迎えるのだろうか。


取材・文●結城麻里

Text by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画