「メッシは史上最高なんかじゃない」“天才”ロナウジーニョが独自の見解! 発言の真意は!?

「メッシは史上最高なんかじゃない」“天才”ロナウジーニョが独自の見解! 発言の真意は!?

2019.12.15 ・ 海外サッカー

シェアする

 先日、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、2019年のバロンドールに輝いた。


 6度目の受賞は、ライバルのクリスチアーノ・ロナウドを抜いて史上最多。セレモニーでは、「まだ僕は何年もやれる」と意気込んだその言葉からは、さらなる受賞の可能性も感じさせた。


 名実ともに“史上最高”のクラッキとの呼び声もあるメッシだが、これに異論を投げかけた男がいる。元ブラジル代表FWのロナウジーニョだ。


 かつてセレソンでナンバー10を背負い、魔術師のようなプレーで観客を魅了したロナウジーニョは、メッシとはバルサで苦楽をともにした関係でもある。そのレジェンドが、スペイン紙『Marca』の取材に対して、「彼が史上最高だと僕は言えないよ」と発言したのだ。

 一体なぜ、そう考えるのか? ロナウジーニョはその真意をこう説いている。


「彼はこの時代においては史上最高と言えるかもしれない。だが、僕はそうだとは言えないよ。メッシとは友人だし、彼がバルサのバンディエーラになっているのは嬉しく思う。でも、史上最高の選手かと言われれば答えるのは難しいね。マラドーナやペレ、ロナウドもいるしね」


 ロナウジーニョにとって、メッシはバルサ時代の同士であり、可愛がった後輩でもある。だが、時代の違うレジェンドや、同胞の偉大な先達と優劣をつけるのは、さすがに難しいようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事