「メッシ抜き」の守備戦術を巡るスタッフとの衝突――こうしてバルベルデはバルサの指揮官を解任された【現地発】

「メッシ抜き」の守備戦術を巡るスタッフとの衝突――こうしてバルベルデはバルサの指揮官を解任された【現地発】

2020.1.27 ・ 海外サッカー

シェアする

 エルネスト・バルベルデがバルセロナの監督在任中にもっとも悩まされた問題がハイプレスだ。その位置を巡ってクラブの戦略スタッフと議論になったことは一度や二度ではない。


 戦略スタッフが提案したのは、バルサの定番システムである4-3-3の導入だ。ポゼッションの肝であるハイプレスもセットとして位置づけ、バルベルデに対しても、伝統のスタイルの継承を進言した。ただ彼は就任当初からその有用性について懐疑的だった。最大の焦点となったのがリオネル・メッシの扱いだ。


 バルベルデの言い分はこうだ。4-3-3でハイプレスを実践するには、前線3枚が相手の動きに応じて明確にタスクを分担しなければならない。通常は左FWが右SB、CFが両CB、そして右FWに入るメッシが名目上は左SBを担当する。しかしメッシはもう何年も前から攻撃に専念するため、相手SBを追い回すような動きを見せない。そこを突かれることでフリーになった相手DFに余裕を持ってボールをキープする状況を作られてしまっては元も子もない。そう考えたバルベルデは、代案としてミドルプレスを軸にしたフラット型の4-4-2を提示した。

  ファンマ・リージョ(元ヴィッセル神戸監督)はこのバルベルデの案に賛同する。


「そもそも前線3枚で5人(GK、両CB、両SB)をプレスするのは、簡単なことではない。自分たちが比重を置くゾーンからビルドアップさせるように仕向けることになるが、もちろん相手チームはその逆を狙う。1000人の戦士をもってしても、そのうちひとりでも裏切り者が出たらハイプレスは機能しないと言われる。仲間の努力を無駄にしたくない、という強い責任感を持ってタスクをこなせる選手が必要不可欠なんだ」


 バルサの戦略スタッフは、このメッシを議題に上げて反論するバルベルデの振る舞いを、自身が好む4-4-2を採用するための口実だと考えた。事実、彼のフットボールは年々、メッシとルイス・スアレスの得点力に依存する縦に速いスタイルへと傾倒していた。


 バルベルデがヨハン・クライフ率いるバルサでプレーしたのは有名は話だが、その前に在籍したエスパニョールでスペイン版カテナチオの権化であるハビエル・クレメンテの愛弟子であったことを忘れてはならない。

  最初の2年間は結果が伴っていたので、バルベルデのやり方にも正当性が保たれていた。しかし今シーズン、失点が激増し、神通力が失われてしまった。


 もっともそのラ・リーガ連覇を果たした最初の2シーズンにおいてもクラブ内では、バルベルデのやり方を疑問視する声が上がっていた。ローマとリバプールに逆転負けを喫してチャンピオンズ・リーグから敗退した直後は、とりわけ批判の声が高まり、“反対派”は4-4-2はとりわけ幼少の頃からバルサスタイルに慣れ親しんできたマシア(バルサの下部組織の総称)出身の選手たちにとって不慣れなシステムであることを主張した。


 自陣のペナルティーエリアから離れたポジションでプレーすることが年々難しくなっているジェラール・ピケは、例外だったが……。


 この問題についてクラブのアナリストはこう私見を述べる。


「バルベルデは(アスレティック)ビルバオで考案した戦術をそのまま持ち込んだようなものだ。この状況でシャビや(アンドレス)イニエスタ、(セルヒオ)ブスケッツがトップチームに昇格していたら、出場機会を得ることすら苦労したことだろう」。


 昨夏、クラブがアントワーヌ・グリエーズマンとフレンキー・デヨングを獲得したのも、ハイプレス復活に向けた取り組みの一環であった。バルベルデに対しても、より明確な形でメッセージを送った。


 戦略スタッフが編み出した案は次のふたつだ。


 ひとつ目はグリエーズマンに相手の右SBをフォアチェックさせ、メッシとルイス・スアレスにはそれぞれ両CBをケアさせる。残る左SBは両インテリオールのうちのひとり(デヨング)にアプローチさせる。ただこの案は、ブスケッツがそのラインを飛び越えて圧力をかけるインテリオールのカバーリングをする役割を担うことになるため、CBの前方のスペースががら空きになるというリスクがあった。守備を重んじるバルベルデが同意するはずがなかった。


 もうひとつの案は、ジョゼップ・グアルディオラがマンチェスター・シティで導入している戦術だ。彼はラヒーム・スターリングに相手のSBを追い回すタスクを免除するために右SBに対するプレスは左SBに任せている。このやり方をバルサにそのままスライドすると、メッシの後方のネウソン・セメドかセルジ・ロベルトが相手の左SBにアプローチすることになる。その空いたスペースは右CBのピケにカバーさせる。


 これならばブスケッツと両CBの3人で常にゴール前を固める状況を作るというバルベルデの要求も満たされる。しかし攻守が分断することを恐れた彼はこの案も却下した。結局何のテコ入れ策を打ち出すことなくシーズンに臨み、スーペルコパのアトレティコ・マドリー戦(2-3で敗戦)でもDFラインがずるずると下がる弱点を突かれ、指揮官は終戦を迎えた。

  アナリストが先に挙げた3選手の中で現在もただひとり現在もプレーするブスケッツが4-4-2への対応に苦慮し続けたというのはなんとも示唆的だ。「バルサ産4番」のプロトタイプともいえる彼は狭いスペースでも攻守において流れを落ち着かせ、前方へ押し上げる守備を持ち味とする。ただ背走を強いられるような状況では、一転脆さを露呈し、両CBの前でどっしり構えるアンカー的な役割には不向きである。


 そのアナリストはこう結論付ける。


「バルベルデが提唱したフラット型の4-4-2を採用するにはメンタル面でもフィジカル面でも引いてブロックを作る守り方を得意とする選手の存在が不可欠だ。そうでないとミドルプレスの機能性は低下する」


 前述のアトレティコ戦で劣勢の展開を強いられていた試合終盤にバルベルデがブスケッツを下げ、ラキティッチを投入したのも、結局のところ、選手の個性に合わないシステムを採用していたからなのだ。


文●ディエゴ・トーレス(エル・パイス紙)

翻訳●下村正幸


※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事