「エグいです…」ファン・ダイクの身体に触れた日本人トレーナーが感じた“怪物CB”の凄みとは?【現地発】

「エグいです…」ファン・ダイクの身体に触れた日本人トレーナーが感じた“怪物CB”の凄みとは?【現地発】

2020.1.28 ・ 海外サッカー

シェアする

 リバプールのフィルジル・ファン・ダイクは現在、間違いなく世界最高のCBだ。タックル、ブロック、インターセプト、プレーを読む力、ヘディング、前線へのフィード。何を取っても一線級で、CBとしての能力だけではなく、フットボーラーとしての実力そのものが抜きん出ている。形容するなら、「スーパーなアスリート」だ。


 この男を間近で見てきた関係者たちから聞かれるのは、称賛ばかり。例えばセルティック時代にファン・ダイクを指導したロニー・デイラは、「私が指導した選手のなかで最大の才能の持ち主だった」とウェブスポーツメディア『ジ・アスレチック』に語り、こう続けている。


「抜群の速さと強さを誇り、空中戦も強い。足下の技術も高くて、常に落ち着いていた。スコットランドに残る選手ではないのは明らかだった」 ファン・ダイクのそのパフォーマンスを支えているのは、身長193センチの屈強なフィジカルだ。


 サウサンプトン時代にCBでペアを組んでいたジョゼ・フォンテも同メディアのインタビューにおいて、「フィルジルのフィジカルがバケモノ級なのは、サウサンプトンにやってきた瞬間、チームの誰もがすぐに分かった」と述懐している。


 そんな「モンスター」のしなやかな体躯に触れたことのある日本人がいる。フォンテと同じくセインツ(サウサンプトンの愛称)でともにプレーした吉田麻也の個人トレーナーを務める木谷将志氏だ。 


 18年1月にリバプールへと移籍する数か月前のことだった。吉田に紹介されたファン・ダイクは、治療を受けるために木谷氏のもとを訪れたという。数々のトップアスリートを施術してきた木谷氏だが、このオランダ代表は「人類の中の雄、史上最強の身体」の持ち主だったと目を丸くする。


「過去に診てきたどの業界のプロスポーツ選手、アスリートよりもズバ抜けてトップレベル。単純に、ナチュラルに凄い。強くて、柔くて、速い。すべての良いものが集約した身体で、『こいつはすごい』と驚きました」 ファン・ダイクの身体については、吉田も19年5月に英紙『サン』のインタビューで「彼はほぼジムに行くことがないのに、強くて速い」とコメントしていたのが思い出される。木谷氏も次のように続ける。


「筋トレをあまりせずに、あそこまで仕上がっているのは“エグい”です。日本人だったら、ありえません。そこは生物学的に仕方ない部分ですが。なんと言いますか、出来上がっている身体なんですよ。


 触ってみたときに『この選手の真の能力はまだ30パーセント眠っている』と感じることもありますが、ファン・ダイクの場合は引き出せる余地があまりに少なかった。


 感覚的な話になってしまいますが。もちろん、僕らトレーナーが手を加えれば多少良くなるとは思います。ただ、高が知れているでしょうね。悔しいですけど。何もせずしてトップレベルのパフォーマンスを出せる選手。とても稀なタイプです」

 昨シーズンはチャンピオンズ・リーグを制して欧州王者に輝いたリバプール。ただ、2年前にユルゲン・クロップ監督がファン・ダイクを獲得した最大の理由は、悲願のプレミアリーグ制覇を果たすためだ。


 23試合を終えた今シーズンは、ここまで22勝1分。いまだ無敗を維持し、2位マンチェスター・シティに勝点16差をつけて首位を独走している。


 リバプールのバックラインに絶対不可欠になった「人類最強の男」が、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードでさえも叶えられなかった至上命題である「正真正銘の名門復活」、つまり30年ぶりの国内リーグ制覇へと、リバプールを導くことになりそうだ。


文●松澤浩三

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事