「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」鎌田大地がELで“チーム史上初”のハットトリック達成、奥川雅也先発のザルツブルクを撃破!

「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」鎌田大地がELで“チーム史上初”のハットトリック達成、奥川雅也先発のザルツブルクを撃破!

2020.2.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間2月20日、ヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント1回戦、ラウンド・オブ32の第1レグが各地で行なわれた。


 ドイツ1部のフランクフルトは、ホームでオーストリアのレッドブル・ザルツブルクと対戦。フランクフルトでは長谷部誠がアンカー、鎌田大地が右ウイング、ザルツブルクでは奥川雅也がトップ下で先発に名を連ねた。


 試合は序盤からホームチームが主導権を握り、12分に先制ゴールを挙げる。アルマミー・トゥーレからパスを受けた鎌田が右足でネットを揺らした。


 その後は、ザルツブルクのファン・ヒチャンやパトソン・ダカといったアタッカー陣がエンジンをかけ始め、ボールを保持するようになる。だが、長谷部や最終ラインのダビド・アブラアムらが簡単にエリア内への侵入を許さない。


 43分には、長谷部からのパスを受けたジブリル・ソウが、センターサークル付近から前線へ絶妙なスルーパスを送る。これ反応して抜け出した鎌田がドリブルで持ち運び、最後は冷静に切り返してDFをかわして左足でボールを浮かせ、追加点を奪った。

 さらに53分、エバン・エヌディカのクロスにまたしても鎌田が頭で合わせ、ハットトリックを達成。データサイト『Opta』によれば、フランクフルトのプレーヤーがELでハットトリックを達成するのは“史上初”だという。


 その3分後には、フィリップ・コスティッチが左サイドの角度のないところから決めて4点目を叩き込む。これも、鎌田を起点にアンドレ・シウバがエリア内に持ち込み、ゴールに繋げた。


 この活躍に、サポーターからは「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」「間違いない今日のヒーロー」「ELで輝くカマダ!」と絶賛の声が相次いだ。


 84分にファン・ヒチャンのPKで1点を返されたものの、フランクフルトが4-1で勝利。81分までプレーした鎌田が4ゴール全てに絡む活躍を見せた。


 日本人としてヨーロッパカップ戦でのハットトリック達成は、18-19シーズンの南野拓実(当時はザルツブルク所属)に続き、ふたりめとなる。これで、今シーズンELでは6にゴールとなり、暫定で得点ランキングトップタイに踊り出た。


 なお、長谷部はフル出場、ザルツブルクの奥川は前半のみでピッチを退いている。第2レグは2月27日、ザルツブルクのホームで行なわれる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事