「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

「彼は何を話した?」ドイツ誌記者が食いついた、遠藤航の好パフォーマンス。背番号「3」は今、シュツットガルトの“芯”だ【現地発】

2020.2.24 ・ 海外サッカー

シェアする

 ドイツ2部のシュツットガルトでプレーする日本代表MF遠藤航は、昨夏にベルギー1部のシント=トロイデンから期限付きで移籍した後、じっと出場機会を待ち続ける時間が続いていた。


 そもそも、当時監督だったティム・ウォルターは獲得に反対だったという。スポーツディレクターのスベン・ミスリンタートはそれを押し切って遠藤を迎え入れたことになる。自らの意に反して獲得された選手を起用することは、どんな監督でも最初は抵抗があるだろう。


 ”ベンチ要員”となっていた遠藤について、ウォルター監督は、メディアに尋ねられるたびに「どこで起用するのがいいのかを見定める時間が必要だ」と答えていた。そうとしか答えられない事情が、彼にはあったわけだ。とはいえ、それがいつまでも続くと「なぜ補強したのか?」と、地元記者やファンに疑われても仕方がない。


 ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』は、「獲得当初から、大きな疑問符が浮かんでいた。他にも似たようなタイプの選手はいるのではないか?」と懐疑的にみていたことを正直に明かしている。


 そうした状況に対し、遠藤も理解を示していた。

「(監督は)最初は、自分のプレーやスタイルをよく分かっていなかった。実際に(そう)言われたこともある。ただ単に時間が必要だったというか。僕自身は、練習には100%で取り組んでいた」


 そんななか、遠藤とシュツットガルトにとって転機となったのが、19年11月半ばに行われたカールスルーエとのダービー・マッチだ。


 ウォルター監督のチームは、「自分の形をしっかり作りながら、試合を支配していくスタイル」(遠藤)を目指して邁進していたが、どうにも安定していなかった。


 例えば、ビルドアップ時にはポジションが激しく連動する。SBがアンカーの位置に入り込めば、インサイドハーフや攻撃的MFがSBの位置まで降りて守備に参加する。さらにアンカーは、トップ下の位置に顔を出すほか、最終ラインのCBも中盤に顔を出しに行くなど、積極的なポジションチェンジを行なって相手守備を揺さぶり、攻略する。 ただし、このシステムの難しいところは、うわべだけのポジションチェンジでは、相手にとってもそこまで怖くはないという点だ。実際に、不用意にスペースを空けてしまうことで、不必要なボールロストから一気にチャンスを作られるというシーンも少なくなかった。


 そこで、ウォルター監督はテコ入れを決断。カールスルーエ戦で、初めて遠藤を先発で起用した。4-3-3のアンカーでプレーした遠藤は、中盤の底で攻守のバランスを取り、的確なポジショニングからの素早いアプローチで、1対1の強さをいかんなく発揮。そして正確なパスワークで攻撃の起点にもなった。


 遠藤は、監督の起用が正しかったことをピッチ上で証明した。この日の活躍で一気に先発ポジションを獲得すると、以降は連続出場。12月末にウォルター監督が退任し、ペッレグリーノ・マタラッツォ新監督に交代した後も、欠かすことのできない主力のひとりとなっている。


 チームに対する責任感は、試合を重ねることに身に着くものだ。19年の最終戦となったハノーファー戦は、2-2で引き分けた。前半に遠藤のミスが失点に繋がるという痛恨のプレーもあったが、本人は消極的になることを良しとはしない。ミスはミスと認めたうえで、次のプレーへと繋ぐことのできるだけの余裕が、遠藤にはある。

「アンカーで試合に出続けるのであれば、もっと守備にフォーカスして、できるだけ多くのカウンターの芽をつぶすことを意識すべきだと考えている。それに、攻撃時にあの位置からターンして前に繋げられるような、勇気を持ったプレーが大事。今日のようなミスがあっても、大事なのは続けていくことだと思う」


 アンカーとしてだけではない。2月7日に行なわれた第22節アウエ戦では、3バックの左CB、4バックの左CB、ダブルボランチの一枚と3つのポジションをこなし、どれも好パフォーマンスを披露。遠藤のクオリティーを、地元記者も絶賛していた。


 そこで印象的だった出来事がある。試合後のミックスゾーンで遠藤と話をしていると、別の選手をインタビュー中の『kicker』誌記者が、こちらをチラチラ見ながら気にしていた。僕が遠藤の話を聞いた後に話しかけようとしていたようだが、タイミングが合わなかったようだ。


 遠藤が去った後、彼は悔しそうに僕のところに来て、こう言った。


「彼は、今日素晴らしいプレーをしていたじゃないか。ぜひ話を聞きたかったんだけど、タイミングが合わなかったんだ。そちらの邪魔をしたくはなかったしね。良かったら、いくつか、エンドウが何を話していたか聞かせてくれないか?」 2月13日付の『kicker』オンラインには、「遠藤、0からトップへ」という見出しの記事がアップされた。


 同誌の平均採点3.25というのは、ダニエル・ディダビとともにチーム内トップ(同日付けの集計)。現在はレンタル移籍中だが「買取オプション行使に向けて交渉を開始している」というスポーツディレクターのスベン・ミスリンタートのコメントが紹介され、今のチームでいかに遠藤が重要な役割を担っているかが強調されていた。


 シュツットガルトは、2部リーグでは間違いなくトップレベルの戦力を揃えるクラブだ。そのチームに遠藤という芯が加わり、ブレ気味だった攻守のバランスに極上の落ちつきをもたらした。おかげで攻撃陣ものびやかにプレーできるようになっている。


 とはいえ、現時点の順位は「2位」だ。3位に下がれば自動昇格ではなく、1部16位との入れ替え戦を戦わなければならない。さらに順位を上げていくためには、これまで以上の勝ち点へのこだわりが重要になってくる。簡単に失点をせず、粘り強く攻撃を仕掛けていくことが必要だ。


 シュツットガルトは遠藤を中心に、バランスの取れたゲームコントロールをコンスタントに続けることができれば、昇格への道はきっと見えてくるだろう。

筆者プロフィール/中野吉之伴(なかのきちのすけ)


ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に「サッカー年代別トレーニングの教科書」「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」。WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)を運営中。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事