苦い経験に終わったU-16日本代表のSBSカップ。アジア予選へ、まずは自チームでレギュラー奪取を

COLUMN河治良幸の真・代表論 第65回

苦い経験に終わったU-16日本代表のSBSカップ。アジア予選へ、まずは自チームでレギュラー奪取を

By 河治良幸 ・ 2020.9.25

シェアする

「2020 SBSカップ ドリームユースサッカー」が9月21日、22日に静岡県で開催された。これは、毎年行われている「SBSカップ国際ユースサッカー」が、新型コロナウイルスの影響で外国のチームを呼べないため実現できず、代替大会として開かれたものだ。国内の公式戦すらなかなかできなかったところから、関係者の尽力で実現した、育成年代の選手たちにとって貴重な経験の場だ。


男子は清水エスパルスユース、ジュビロ磐田U-18、その2チーム以外の選手で編成された静岡ユース、そして森山佳郎監督が率いるU-16日本代表の4チームによるトーナメントが行われた。(女子はJFAアカデミー福島対藤枝順心高が行われ、1対0でJFAアカデミーが勝利)。


決勝では清水と磐田の”静岡ダービー”が実現し、4対3で清水ユースが優勝。初戦で清水ユースに3対1の完敗を喫したU-16日本代表は、翌日の3位決定戦でも川崎フロンターレ内定の田邉秀斗(静岡学園)らを擁する静岡ユースに対し、早い時間帯にPKで失点すると、決定機阻止による退場で10人の戦いとなった。


後半の立ち上がりに2点目を奪われてから、内藤大和(ヴァンフォーレ甲府U-18)の2試合連続となるゴールで1点返したものの、力及ばず1対2で敗れた。


「とんでもないビハインドのゲームで、キャンプで積み上げてきたことを試すような展開ではなかったですけど、予選とか国際大会であり得ることのシミュレーションができた」


そう語る森山監督は、選手たちに「普段の1.2倍走って、120%出してカバーすること」を要求したという。相手にリードを許した状況で前からプレッシャーをかけられないことを考えると、0対1のまま進み、残り20分が過ぎたところでリスクをかけて追いつき、あわよくば逆転することも想定していた。選手もそれに応えようと頑張ったが、後半3分に2失点目を喫し、さらにプランが狂ってしまった。


異なるシチュエーションを経験


清水ユースに1対3で敗れた初戦は「相手の圧力に攻撃の糸口を見出せず、無理して前に行こうとしてボールを取られて、カウンターでやられた」と、森山監督が振り返る試合展開で、後半にやや押し返すも、挽回できなかった。


静岡ユースとの2試合目は、すべてが悪い方に出た形だったが、良い方に考えれば2試合で違ったシチュエーションの経験ができたとも言える。


とはいえ、チームとしての試合経験が乏しい事実を突き付けられる内容だった。昨年はU-15代表として、AFC U-16選手権2020予選を戦い、さらにスペイン遠征でメキシコ、スペイン、イングランド、ロシアという強豪と対戦。そこで前向きな課題を得て、2020年にはU-17W杯のアジア予選を兼ねる、AFC U-16選手権を勝ち上がり、世界行きの切符を勝ち取るプランがあった。


しかし新型コロナウイルスの影響で、クラブや高体連の公式大会が中止、延期になったどころか、緊急事態宣言により、チームの練習活動すら自粛を求められた。


しばらくして活動が再開し、イレギュラーな形でリーグ戦が開幕したが、主に高校1年生の学年で構成されるU-16代表には、受験勉強でサッカーを満足にできていなかった選手が多い。そこに新型コロナウイルスの影響が覆いかぶさる形で、新たな環境でのチーム練習が休止された。


「特にゴールキーパー、センターバック、サイドバックあたりで、自チームで試合に出ている選手がほぼいないので、経験不足から、それやっちゃダメでしょうというプレーが出てしまった」(森山監督)


試合経験の少なさが課題


本来であれば、年初から春先にかけて、所属チームで”フェスティバル”と呼ばれる交流試合に参加し、試合体力や強度を高めて、4月からプレミアリーグU-18を頂点とするリーグ戦で経験を積んでいく流れがある。


U-16の選手たちは、U-18のチームでレギュラーを獲得するのは難しいが、試合を積み重ねる中で出場時間を掴み取ることで、代表招集のアピールにもつながるものだ。


「そこで先輩たちに挑戦して、少しずつ出場時間を増やしたり、ミスをして外されたりしながら成長して行く時期なんですけど、(コロナによる)中断期間の影響もあって、まず出場できていない」(森山監督)


今年の11月下旬から行われる予定だったAFC U-16選手権は2021年初旬に延期となった。その分、”04ジャパン”の準備期間を確保できるのは不幸中の幸いだが、代表活動を行っても、ベースとなる所属チームで試合に出られていなければ、試合体力や試合勘、実戦経験は向上していかない。


10月には代表活動を行わないという森山監督は「自チームでレギュラー獲ってくれと。(試合に)出ないと話にならないということですね」と、選手たちに期待をかける。


所属チームでの成長を誓う


SBSカップで2得点を決めた内藤大和が所属する甲府U-18は、山梨県1部リーグに所属している。内藤自身は「週に何回かはトップチームの練習に行かせてもらって、自分の足りないものに気づくことができている」と言う。


04ジャパンのエース候補である南野遥海(G大阪ユース)をライバル視し、中断期間にジムでパワーアップに努めたという内藤は「チームに帰って、全員がレギュラーで次のキャンプに集まれるように、個人個人が頑張っていければ」と語り、解散後も選手で刺激し合うことを強調した。


静岡ユースとの試合でキャプテンマークを巻いた坂井駿也(サガン鳥栖U-18)はボランチで起用されたが、味方の退場後は最終ラインの中央に入って攻守に奮闘した。クラブの選手とスタッフに新型コロナウイルス陽性者が出たことで、アカデミーの活動も休止になっていたが、坂井は「寮での筋トレだったり、基礎の技術をしっかりつけた」と振り返る。


SBSの結果(2連敗)は重く受け止めており、個人がスケールアップしていかないと、代表として集まっても、チーム力を高めることはできないと認識している。


「一人ひとりが高い意識を持って、ここでできなかったことをチームに戻って、誰よりも高い意識、誰よりもうまくなるという意識を持つこと。それだけで成長できると思うので、自チームに戻って、アジア最終予選(注・AFC U-16選手権)まで、準備していきたいと思います」


次回の代表活動は11月になると思われるが、再び集まった時に、どれだけ成長しているか。代表候補のひとりでもあるジュビロ磐田U-18の後藤啓介が、決勝戦の後半アディショナルタイムにゴールを決めたが、彼のように短期間で森山監督にアピールする選手はいるはず。


04ジャパンのコアメンバーと呼べる今回の選手たちが、自チームで出場機会を得てアピールすることで、良い意味で森山監督の頭を悩ませることになるだろう。まずは次の代表活動までの期間が、04ジャパンにとって有意義になることを願っている。(文・河治良幸)


写真提供:河治良幸

シェアする
河治良幸

河治良幸

サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当。セガのサッカーゲーム『WCCF』選手カードデータを担当。著書に『サッカー番狂わせ完全読本 ジャイアントキリングはキセキじゃない』(東邦出版)『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)、『解説者のコトバを聴けば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)。

このコラムの他の記事