日本、イランとスコアレスドロー。グループリーグ突破は最終節に持ち越し

HIGHLIGHTAFC U-19選手権 バーレン2016 ハイライト動画

日本、イランとスコアレスドロー。グループリーグ突破は最終節に持ち越し

2016.10.18

シェアする

17日、バーレーンで行われているAFC U-19選手権・第二戦を戦った日本は強豪イランと引き分けた。この試合に勝てばグループリーグ突破が決定する日本だったが、フィジカルで上回るイランに対して慎重な試合運びに終始した。ボールポゼッションは圧倒的に日本だったが、ゴールラインでのパス回しが多く、なかなか縦にボールが入らない。特に左サイドの船木やボランチの坂井がボールの出し所に困り、バックパスするシーンが目立った。それでも日本が押し気味に進め、FW小川 航基、MF長沼 洋一、MF堂安 律らがゴールに迫りチャンスを作ったが無得点に終わった。守備ではDF冨安 健洋を中心にイラン攻撃陣を完封した。ただ、崩されるシーンはほとんどなかったものの、GK小島 亨介がやや不安定で、決定的なシュートを放たれるシーンが数度あり、イランのシュートが2度もクロスバーを叩くなどラッキーな面もあった…

関連動画