U-22コロンビア代表 ケビン・アグデロ「広島に来て原爆について学んだ。日本の人たちとの出会いは素晴らしい思い出」

【キリンチャレンジカップ2019 U-22コロンビア代表 試合前日コメント】

U-22コロンビア代表 ケビン・アグデロ「広島に来て原爆について学んだ。日本の人たちとの出会いは素晴らしい思い出」

2019.11.17

シェアする

17日開催のキリンチャレンジカップ2019でU-22日本代表はU-22コロンビア代表と対戦する。森保監督はA代表での試合を含め、多くの選手をテストして来たが、五輪本番まで8ヶ月となり、いよいよ主力を集めてのテストマッチに挑む。ディフェンスラインの中核を担うはずの冨安健洋(ボローニャ)等数名が怪我のために参加していないが、久保建英(マジョルカ)や堂安律といったA代表でもお馴染みのアタッカーが揃っての試合に期待は膨らむ。対するコロンビアは来年1月に五輪予選を控えており、先月のテストマッチでブラジルを破った日本と戦えることに大きなメリットを感じているようだ。試合前日にKRCヘンクでA代表・伊東純也と同僚のDFカルロス・クエスタとセリエA・ジェノアで台頭しつつあるMFケビン・アグデロの二人に話を聞いた…

関連動画