【THIS IS MY CLUB】竹原稔社長が愛して止まない鳥栖というクラブ、街。すべては地域の繁栄を願って――

【THIS IS MY CLUB】竹原稔社長が愛して止まない鳥栖というクラブ、街。すべては地域の繁栄を願って――

2020.6.30 ・ Jリーグ

シェアする

 2012年シーズンからJ1で戦うサガン鳥栖は、今季でトップリーグ9年目。今季は、一昨季、昨季と2年連続で緊急登板した金明輝監督をシーズン頭から指揮官に据えている。


 今回、サッカーダイジェストもその一員を成す「DAZN Jリーグ推進委員会」では、「THIS IS MY CLUB – FOR RESTART WITH LOVE - 」と称して、各クラブ関係者へのインタビューを実施。鳥栖では2011年に就任した竹原稔社長に、クラブへの想いやシーズン再開への心境などについて語ってもらった。


――新型コロナウイルスの感染拡大防止のためJリーグが中断されていました。どのようにお過ごしになっていましたか?

「新型コロナウイルス感染症の影響によって世界の状況は日々変化していて、慌ただしい日々を過ごしました。例えばリモートマッチはこれまで経験したことがありません。選手、チームにとっても初めてのことですのでしっかりサポートしていきたいと思っています。私たちはかつて経験したことのないフィールドで、みんなでひとつになり、そして厳しい状況下でも楽しむ姿勢を忘れず、少しでも皆様へ勇気や笑顔をお届けできるように全力を尽くしてまいります。今後も決して気を緩めることなく、サポーター、スポンサーの皆さまの健康を第一に、安心してご来場いただける試合運営を目指していきます」


――サッカーが好きでクラブの社長を目指したのでしょうか?

「選手もそうでしょうけど、誰もがプロになれるわけじゃありません。サッカーは大好きですが、クラブの社長を目標にしていたというわけではないですね。タイミング、ご縁などの巡り合わせで社長を引き受けさせていただいたと思っておりますが、サガン鳥栖をもっと強くしたい、もっとスポーツを通じて地域を元気にしたい、感動を届けたいという想いはシンプルにありました」

 ――サッカークラブの社長として大事にしていることはありますか?

「なぜサッカーチームを運営しているのか、なぜプロスポーツに取り組んでいるか、私たちの存在意義を高めなくてはいけません。一番大事にしているというのは難しいですが、監督、選手、チームスタッフ、アカデミー、サポーター、スポンサー、フロントスタッフ、本当にサガン鳥栖に関わるすべての方々と感動を共有したいと考えています。最近ではリモートマッチをサポーターの皆様にどうすれば臨場感溢れる形でお伝えできるかを中断期間に悩んでいました」


――リモートマッチという形でのリーグ再開になりますが。

「チームを後押しして一緒に戦うサポーターがスタジアムにいないわけですから、難しい試合になると思っています。それでも4月頃は『今年はもう試合ができないんじゃないか。これからどうすべきか』という不安があったなかで、無観客でもまず一歩進めたという喜びが大きいです」


――リモートマッチだと、社長自身も選手と接する機会が減るかもしれません。

「そうですね。良いプレーをしていたら『良かったよ』、負けた時は『上を向こう』、ちょっと落ち込んでいたら『次いこうぜ』みたいに、試合後に選手へ声を掛けることはあります。私は選手を管轄するポジションではないので、あまり細かいことは言いません。良し悪しは別として、私は“社長”というより“親父”だと思っていて、選手、チーム、サポーターは私にとって家族のようなイメージです」

 ――親しみやすいイメージですね。

「先ほども申しましたが、私がサッカーの内容で選手に直接注意することはありません。例えばスポーツや勉強で親父に『ここはこうしなさい』みたいな指示をされるより、『頑張れ。お前ならもっとやれる』と励まされたほうが前向きになれると思います」


――“親子喧嘩”はないですか?

「チームが勝てば嬉しいのはみんな一緒です。私は親父として意見を言います。そこで『親父、そこは違うだろ』って言われたら『私はこう思っている』と対話するようにしています。どんな困難が待ち受けていようとも、皆で力を合わせて乗り越えていきたいと願っています。最近はめげることも多くて感情的にならないように気を付けていますが、『昔の社長のほうがいい』、『思っている気持ちを言ったほうがいい』、『社長らしくいこう』と励まされることもあります」


――「めげること」とは具体的には?

「チームが負けたらめげますよね。サッカーには勝ち負けが付いてくるので当然です。クラブとしては1年先、2年先を見据える必要もあるので、目先の負けをどう捉えるかは難しいと思っています。最近は私に対してだけでなく、選手に対しても非難をストレートに受けることがあります。私はブーイング自体、決して否定しません。ただ、鳥栖市は人口が約7万人という小さな街なので、私生活で顔を合わせる機会も多いし、選手とサポーターの子ども同士が同じ小学校、幼稚園に通っています。非難があってもそれはスタジアムの中だけで完結すべきだと考えています」

 ――とても鳥栖を愛している印象です。

「普通ですよ(笑)。フェルナンド(・トーレス)の獲得に関して賛否の声が届くことはありますが、『フェルナンドという偉大な選手がいて、サガン鳥栖で引退した』という記憶はこれからもずっと残り続けます。心掛けているのは次世代のため、この街にサガン鳥栖をどう残していくかということです。ただクラブが存在すればいいとかは思っていなくて、どれだけ輝いて次に引き継げるかを考えています」


――話は少し変わりますが、竹原社長の高校時代のサッカー部はかなり厳しいとお聞きしました。

「もうアホみたいにきつかったです(笑)。新入部員は1学年200人以上いましたけど、夏まで残るのは20人いないくらいでした。部活というより軍隊みたいな感じで、サッカーの技術よりも忍耐力が身に付きましたね」


――サガンもハードワークや走力といったイメージが強い。

「たしかにそのイメージが強いのですが、個人的には『走らずに勝てるなら走らないほうがいい』とロジカルに考えています。ただ、どのチームも勝利に貪欲なのでハードワークは必要ですし、球際を強くいかないといけません」

 ――昔からそのような考えを持たれていましたか?

「例えば18歳くらいの時は、足は速いほうがいい、身体は強いほうがいいと単純に考えていましたね。そのなかで色々な経験を積んで、効率的に考えるようになりました」


――先ほど高校時代の話が出ましたが、サガン鳥栖は近年、育成組織の活躍も特徴的ですね。

「ユースの育成はすぐに結果ができるわけではありません。育成クラブを目指して今まで取り組んできたことが実を結んだと思っています」


――育成クラブを目指した理由はなんでしょう?

「地元出身の選手が試合で活躍すれば、『息子の同級生が試合に出ているよ』というように親近感も生まれると思いますし、地域に根差したクラブづくりを考えれば、それが理想ですね」

 ――ではサガン鳥栖、そして街をどうしていきたいですか?

「強くないと憧れの的にもなりませんし、街の象徴にもなれないかもしれませんが、勝っても負けても応援されるようなチームになりたいですね。街の皆さんのコミュニケーションのひとつのツールとしてサガン鳥栖というチームがあって、サッカーを通じて感動があるから鳥栖に住みたいと言ってもらえるような日が来ることを願っています。そして、試合の日は街がカーニバルのようになって皆さんが陽気になる。感動の物語を送り出す、皆さんと作っていくというイメージですね」


――賑やかになりそうですね。

「例えば鳥栖の人は元気で、鳥栖は優しい街で、サガン鳥栖というチームがあって住んでみたいよねと。そういう街になって老若男女問わずサガン鳥栖の話をしてほしいですね」


――最後に、そんなサポーターへメッセージをお願いできますか?

「まずご心配をかけて本当に申し訳ございませんとお詫びしたいです。そして、このような状況下でも、サガン鳥栖へのご支援、ご声援を送っていただける皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいです。ありがとうございます。サッカーを通じて皆様に少しでも恩返ししたい、街に元気や勇気をお届けしたいという思いを込めて戦います! (リモートマッチでは)一緒に戦ってほしいです。ご自宅からでも、どこからでも、声援を送っていただきたいです。そして、選手、監督、コーチの後押しをしてください!」


取材・構成●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

協力●DAZN

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事