広島がL・ペレイラの2ゴールなど3発快勝で好発進! 神戸はポゼッションで相手を上回るも…

広島がL・ペレイラの2ゴールなど3発快勝で好発進! 神戸はポゼッションで相手を上回るも…

2020.7.4 ・ Jリーグ

シェアする

 7月4日、約4か月の中断期間を経てついにJ1リーグが再開した。各地で第2節の9試合が開催され、ノエビアスタジアム神戸では中断前の試合で好調さを見せていた2チームが激突。ゼロックス杯で今季初タイトルに輝いた神戸と、リーグ開幕戦で鹿島相手に3発快勝を飾った広島の一戦は、3-0で後者が快勝を収めている。


 スタンドは空席ながらも、“リモート応援システム”により会場のスピーカーから歓声が鳴り響くなかで行なわれた試合は、立ち上がりから神戸が基本とするポゼッションスタイルでゲームの主導権を握る。


 3バック中央の大﨑玲央が積極的に中盤のセルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ、山口蛍に縦パスを入れるも、激しいチェックを受け、なかなか効果的なラストパスを通せない。カウンターを狙う広島も攻め手を欠き、膠着状態が続く。


 試合が動いたのは35分。広島が左CKを得ると、キッカーの森島司がニアに鋭いクロスを供給。これをハイネルが頭で反らしてコースを変え、最後はレアンドロ・ペレイラが冷静に右足で流し込み、広島が待望の先制点を奪う。L・ペレイラは開幕戦に続いて2試合連続ゴールに。


 1点のビハインドを負った神戸は、39分にも勢いに乗る相手に中盤でパスをされ、ショートカウンターを受ける。敵陣深くで完全な数的不利となり、ゴール前でフリーFWをフリーにさせるも、相手のパスミスで窮地を脱する。

  一方で後半もホームチームにボールを握られる広島だったが、冷静な守備で相手に好機を与えず。48分、ペナルティエリア中央手前でパスを受けた川辺駿が、右サイドから斜めに走り込んできた浅野雄也にスルーパスを供給。これを浅野が落ち着いてダイレクトで合わせてネットを揺らす。今季水戸からレンタルバックした浅野が、記念すべきJ1初ゴールを挙げ2点差にリードを広げる。


 2失点した神戸は55分に小川慶治朗、65分に田中順也を投入してさらに攻勢に出る。しかし、66分のドウグラスのFKに対し、GK大迫敬介が好セーブを見せるなど、広島がチーム一体となって神戸の攻撃を耐え凌ぐ。


 広島は試合終盤にかけてアタッキングサードでボールを回される展開が続くも、最後まで粘り強く守り抜く。さらに81分にもL・ペレイラのゴールで得点を重ね、3-0の快勝を飾った広島が、開幕戦に続き2連勝を飾った。


 平日開催となる次節(8日)は、神戸がアウェーで鳥栖と、広島がホームで大分と対戦する。


取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事