【清水エスパルスの最新序列】CBの熾烈なレギュラー争い! 注目は石毛、エウシーニョら離脱者復帰がもたらす変化

【清水エスパルスの最新序列】CBの熾烈なレギュラー争い! 注目は石毛、エウシーニョら離脱者復帰がもたらす変化

2020.7.11 ・ Jリーグ

シェアする

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、清水の最新チーム内序列を紹介していく。


―――◆――◆―――


【FW】

 2節の名古屋戦と3節のC大阪戦では3トップを丸々変えていたため、明確な序列は存在しないだろう。裏を返せば絶対的な選手が不在で、迫力にやや欠けるのが現状だ。

 

 攻撃の軸として期待されている“新10番”のカルリーニョス・ジュニオは、コンディションこそ中断期で取り戻している印象だが、まだまだチームメイトとの連係や日本サッカーの水に慣れている途中。C・ジュニオとポジションを争う西澤も、昨季はチーム2位の7ゴールを挙げたものの、今季はまだ目に見える結果を残せていない。


【MF】

 ボランチは再開後2試合続けて、ともにバランスの取れる岡崎と竹内が先発しており、2番手には中村と西村という位置づけ。両者とも高い技術を備えるが、より攻撃的に出たい時はアタッカーの資質もある前者を、守備を固めたい時はフィジカルに恵まれている後者の起用が増えるはず。ピッチ全体を広範囲にカバーできるR・アウグストは怪我の影響で出遅れているが、コンディションが戻れば、昨季の素晴らしい活躍を考えてレギュラーに据えるのが自然な流れだろう。

 

 トップ下では高卒ルーキーの鈴木が定位置を確保。18歳の司令塔はここまで堂々としたプレーぶりで、セットプレーのキッカーも任されている。今季、大分から加入した後藤はトップ下とCFの両ポジションでレギュラー奪取を目指している。

 【DF】

 CBはヴァウドが不動で、もうひと枠が定まっていない状況。名古屋戦で先発した立田とC大阪戦で先発したファン・ソッコのレギュラー争いが熾烈だが、ふたりともに安定したパフォーマンスを披露できているとは言えず。この状況が続くなら、福森、エリック、吉本らに出番が回ってきても不思議ではない。

 

 左SBでは開幕戦で先発した石毛が右ハムストリングス肉離れで8月下旬まで離脱。代わって右SBを務めることが多かった奥井が一番手に。C大阪戦で先発した六平も不慣れなポジションなだけにレギュラー確保とはいかないか。

 

 右SBでは金井が2試合続けて先発。注目は、離脱中のエウシーニョが復帰した際に序列がどう変化するか。実績や攻撃的なスタイルを考えると、右SBの一番手にはエウシーニョが収まることが予想される。金井は左右をこなせるだけに、奥井との左SB争いに挑むはずだ。

 

【GK】

 ユース出身で19歳の梅田が再開初戦の名古屋戦で先発に抜擢されると、続くC大阪戦でもスターティングメンバーに名を連ねた。2試合で計4失点とGKとしては悔しい結果だろうが、個人の出来としてはそこまで悪くはない。安定したセービングに加え、ビルドアップでも大きく貢献している。

 

 とはいえ、怪我で離脱しているN・ヴォルピが戻ってくれば、その序列は覆るはず。このブラジル人GKは昨季、コロンビア・リーグで優勝を経験し、ベストイレブンに選ばれた実力者。足もとの技術にも優れており、クラモフスキー監督が標榜する後方からのビルドアップに打ってつけの存在だ。

 

文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事