4バックへの変更、2トップの2枚替え。ガンバ宮本監督が清水戦で見せた“采配の妙”

4バックへの変更、2トップの2枚替え。ガンバ宮本監督が清水戦で見せた“采配の妙”

2020.7.13 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ4節]清水1-2G大阪/7月12日(日)/アイスタ


 2節、3節と3-5-2の布陣で戦っていたG大阪は、清水戦で開幕戦以来となる4バックをスタートから採用。試合を通して押し込まれてはいたが、89分の劇的弾で勝利を掴んだ。


 宮本恒靖監督は4バックの狙いと手応えを次のように説明する。


「後ろは4枚でスタートし、中盤も4枚。前はふたり、もしくはふたりが縦関係という感じです。相手の背後を狙ったり、前に速くという攻撃は前半に少しあった。もう少し時間をかけていい時との使い分けでは、後半の立ち上がりの時間帯は良かったと思います。ああいったところで得点につなげることができれば、なお良かったですが」


 その言葉通り、縦に速い攻撃から得点が生まれる。40分、宇佐美貴史が左サイドでボールキープするとオーバーラップしてきた藤春廣輝へパス。駆け上がった藤春のクロスからアデミウソンへ渡り、最後は小野瀬康介が得点を奪った。


 しかし、その後はなかなかリズムを掴めない。前後半の途中に行なわれる給水タイムに関しても、宮本監督は「指示を出せるタイミングという意味では良いですけど、試合が途切れて集中力が低下する。そのなかで前節には失点も生まれたこともあって難しさは感じています」と語るなど、有効活用とまではいかなかっただろうか。

  1-0とリードしているなか、宮本監督は74分に前節の名古屋戦と同じように2トップを入れ替える。宇佐美貴史とアデミウソンに替え、パトリックと渡邉千真を送り込んだ。


「パワーがあり、フィジカルが強く、ペナルティエリアの中で強さを発揮するふたりが控えている状況でそういう交代になっています。全員が練習からアピールしてくれているので、この先の連戦で順番が変わったり、例えば、パト(パトリック)、千真。パト、アデ(アデミウソン)がスタメンという組み合わせも変えながら、ベストな組み合わせを探していけたら」(宮本監督)

 

 結局はその采配が奏功し、同点で迎えた89分に渡邉が決勝点を挙げる。宮本監督は「夏場の試合で疲労のあるなか、コンディションの見極め。ピッチに出ている選手を最後まで引っ張るところの戦術的アドバンテージと、途中から入る選手がパワーを持って入れることの良さ」を考えながら采配しているという。


 交代カードが3枚から5枚に増えた今季は、指揮官の手腕がより問われるはず。宮本監督は「なにが一番良いのか考えながらやっています」と試行錯誤中だと話すが、今節の4バック採用と交代策が実った結果で、さらに自信を深めたに違いない。


取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事