【岩本輝雄】見応え十分のドロー決着。ベガルタも横浜FCも、今後が本当に楽しみ

【岩本輝雄】見応え十分のドロー決着。ベガルタも横浜FCも、今後が本当に楽しみ

2020.7.13 ・ Jリーグ

シェアする

 横浜FCとベガルタの一戦は1-1の引き分け。どちらも勝ち切れなかったゲームだけど、見どころがたくさんあったし、両チームのこれからが楽しみにもなる試合だった。


 まずベガルタ。もしかしたらネームバリューはそこまでないかもしれないけど、個々を見ると非常に能力の高い選手が揃っていると改めて思った。


 木山監督になってシステムは4-3-3を採用。中盤は逆三角形のトライアングルで、インサイドハーフの松下はサッカーセンスが抜群で、シンプルなダイレクトプレーは好リズムを生み出している。横に並ぶ関口も素晴らしい。豊富な運動量で動き回ってチームを活性化。相手のパスコースを切るポジショニングも絶妙で、要所で実に“効いている”よね。アンカーの椎橋は攻守両面で的確なプレーを披露。それぞれが求められるタスクをしっかりとこなしていて、連係も問題ない。


 アタッカー陣では、ジャーメインのスピードは可能性を感じさせるし、途中出場でいきなりファーストタッチで裏をとった山田もポテンシャルを秘めている。ロシア帰りの西村は実力に疑いがなく、ゲデスは一発で仕留める力がある。


 守備陣では、コーチングと対人守備に優れる平岡が円熟味を増したディフェンスを見せれば、ボランチでも計算できる吉野は足もとの上手さも兼備。シマオ・マテが怪我から戻ってくれば、CBはかなり充実のラインナップになりそうだ。左SBの石原もまだまだ伸びそうだ。元々、中盤の選手でボールを扱う技術に長けているから、深い位置でいろんな選択肢を持って、プレーできる。

  4節を終えて、ベガルタは1勝2分1敗。パッとしない成績と言えばそうかもしれない。でも、一人ひとりが力を持っているから、戦術理解が高まってより組織的に戦えるようになれば、手強いチームになると思う。


 横浜FC戦では、1失点した前半は様子見といった感じだったけど、後半はギアを入れて前がかりにプレスをかけ、ペースを握る時間帯も増えて、実際に同点に追いついてみせた。


 対する横浜FCは、前からハメてくる相手に対して多少、てこずったかもしれない。同点に追いつかれてしまったけど、そのままズルズルといかないところが、チームの充実ぶりを物語っているかのようだった。

  なによりも、今の横浜FCは戦術の基盤となるポゼッションが本当にスムーズ。誰かが動くことでできたスペースに、他の誰かがすかさず入り込んで、ボールを動かしていく。サイドにつけて囲まれても、無理に行かずに一回下げて逆サイドに展開するなど、相手のプレスを回避する判断も早い。パスを回しながら隙を見つければ縦パスを打ち込んで、そこからの落としに周りの選手がすぐに反応する。


 一連の連動性はオートマチックで、十分に訓練されていると思うし、選手たちのプレーにもほとんど迷いが感じられない。戦術の落とし込みがしっかりとなされているはずで、“J1仕様”に仕立て上げた下平監督の手腕だと思う。


 自慢のポゼッションで、横浜FCは後半の劣勢から盛り返すことができた。両ワイドで途中出場した松尾や中山の奮闘も大きかったと思う。左右に振りながら、逆サイドに運んで仕掛ける。もっとも、ベガルタからすれば、「外はやらせてもいい。中を固めていれば」というふうに考えていたかもしれない。それはひとつのセオリーである一方、横浜FCからすれば、サイドで優位に立てれば、そのまま前進してニアゾーンに侵入する、あるいはアーリークロスでこじ開けるとか、いくつかのアプローチをイメージしていたと思う。


 そうした駆け引きもサッカーの醍醐味だし、1-1のイーブンな状況だからこそ、ピッチ上の攻防はスリリングさが増す。リーグ再開後、僕もようやくスタジアムに足を運んで観戦。テレビで見るのとはやっぱり違うし、いろんな発見があったし、サッカーのある日常が戻りつつあることを嬉しく思っています。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事