【三浦泰年のJ2順位予想/更新版】磐田、新潟などJ1経験クラブが有利か。自粛期間の長かった首都圏は…

【三浦泰年のJ2順位予想/更新版】磐田、新潟などJ1経験クラブが有利か。自粛期間の長かった首都圏は…

2020.7.16 ・ Jリーグ

シェアする

 2020シーズンのJ1リーグがついに再開を迎え、最大5000人の観客を入れて開催されるなど、徐々にJリーグが本来の姿を取り戻しつつある。現時点ですでに4試合が消化されているが、約4か月という長い中断期間を経て勢力図は変わるのだろうか。


 ここでは、今季開幕前に『サッカーダイジェスト』誌で順位予想をしていただいた解説陣に、「降格なし」「交代枠5人」「過密日程」といった注目ポイントも踏まえ、改めて今季の順位を占ってもらった。


●三浦泰年(元鹿児島ユナイテッドFC監督など)

 関東・首都圏は自粛期間も長く、その地にあるクラブは十分に準備できなかった可能性がある。その遅れを、戦力の補強、あるいは環境の整備で取り戻せるか。いずれにせよ、J1経験や大きな資本のあるクラブが、この苦しいシーズンを乗り越えることになりそうだ。

 ●順位予想

1位:磐田

2位:新潟

―▲J1昇格圏▲―

3位:長崎

4位:徳島

5位:岡山

6位:福岡

7位:北九州

8位:金沢

9位:甲府

10位:大宮

11位:千葉

12位:松本

13位:山口

14位:町田

15位:琉球

16位:京都

17位:山形

18位:東京V

19位:愛媛

20位:水戸

21位:栃木

22位:群馬


※『サッカーダイジェスト』7月23日号(7月9日発売号)より抜粋して転載


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事