【J1採点&寸評】G大阪0-1川崎|やはりこの男がいると攻撃の質が上がる…勝負を決めた司令塔にトップ評価!

【J1採点&寸評】G大阪0-1川崎|やはりこの男がいると攻撃の質が上がる…勝負を決めた司令塔にトップ評価!

2020.8.2 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ8節]G大阪0-1川崎/8月1日(土)/パナスタ


【チーム採点・寸評】

G大阪 6

前半は川崎に対して互角以上に渡り合ったが、勝負どころで甘さ出る。追う展開で勢いが出なかった。


【G大阪|採点・寸評】 

GK

1 東口順昭 5.5

川崎への相性は抜群だが、失点はノーチャンス。追う展開で焦りもあったのかキックミスも。


DF

4 藤春廣輝 6

前半は家長をうまく見ながら、攻める意識も見せた。走力は最後まで落ちなかったのだが。


5 三浦弦太 5.5

前半は危険な場所で身体を張り、安定感を見せていたが失点時は三笘のドリブルにつられた。

 19 キム・ヨングォン 6

終始安定感抜群で、エレガントささえ感じる強さ。攻撃でも時折アクセントになっていた。


27 高尾 瑠 6

失点時は連係に問題あったが、サイドで粘り強く対応。小野瀬との息はやはり合っている。


MF

8 小野瀬康介 5.5(80分OUT)

負傷明けを感じさせない動きでサイドを活性化。それだけに前半のポスト直撃弾が悔やまれる。


15 井手口陽介 6

アンカーのポジションで、バイタルをケアしつつも、攻撃でリンク役にもなり、攻守で機能した。

 MF

21 矢島慎也 6(65分OUT)

パスが持ち味だが、緩急の効いたドリブルで効果的に持ち上がり、タイミングよく縦パスを供給した。


11 小野裕二 5.5(60分OUT)

球際の強さと戦う姿勢は秀逸だったが、敵陣深い位置で本来のクオリティを欠く。交代もやむなし


FW

33 宇佐美貴史 5.5

セットプレーは相変わらず鋭かったが、FWとしての怖さがなく、終盤は下がってくる悪癖も散見。


39 渡邉千真 5.5(65分OUT)

厳しいボールでも堅実に収めてチームを助ける。前半、絶妙な動きだしを見せたがシュート精度を欠いた。

 交代出場

MF

10 倉田 秋 5.5(60分IN)

戦う気持ちは見せたが、不用意なロストを含めて、攻撃のギアを上げるには至らず。


MF

7 遠藤保仁 5.5(65分IN)

投入直後は、工夫しながらパスを供給したが、押し込まれる展開の中で持ち味出せず。


MF

14 福田湧矢 5.5(65分IN)

プレーが単調で、ボールを受けた際の選択肢が少ない。空回り気味で、攻守に低調だった。


FW

18 パトリック ―(80分IN)

ボールを収めることもできず、個で推進力を出すわけでもなく、全く怖さがなかった。


監督

宮本恒靖 5.5

中盤のテコ入れを含めて、前半の戦い方は悪くなかった。遠藤に託した攻撃は不発に。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


【チーム採点・寸評】

川崎 6.5

相手の拙攻にも救われたが、後半は勝負強さを見せ、クラブ新記録の7連勝。地力の差を見せた。


【川崎|チーム採点・寸評】 

GK

1 チョン・ソンリョン 6.5

前半、立て続けにあったセットプレーで安定感。最終ラインからのコーチングでも貢献した。


DF

13 山根視来 5.5

前半、プレゼントパスから相手に決定機を許したのは大減点だが、その後は攻守で持ち直す。


4 ジェジエウ 6.5

危険地帯でフィジカルを活かした守りを見せる。小野に対しても仕事をさせなかったのは見事。


5 谷口彰悟 6.5

押し込まれた序盤、懸命に危険地帯で身体を張っていた。セットプレーで惜しい場面にも絡む。


2 登里享平 6

むやみに攻め上がらず、守備のバランスを保つ。それでも気の利いたパスも見せていた。

 MF

25 田中 碧 6.5

家長が近くでプレーした後半、生き生きとし始める。惜しいミドルも放ち、攻撃を牽引。


8 脇坂泰斗 5.5(HT OUT)

チームの流れが良くなかったとはいえ、ロストも多く、途中交代もやむを得ない内容だった。


10 大島僚太 7(73分OUT)

欲しかった時間帯で冷静に決勝点をゲット。やはりこの男がいると攻撃の質は上がる。

 FW

41 家長昭博 6(90+1分OUT)

藤春の粘りに前半は手こずるも、インサイドハーフに入ってからはリズムを作り出す。


30 旗手怜央 6(73分OUT)

シュート精度は課題で攻撃ではやや空回り気味も、献身的な動きでチーム戦術を支えていた。


11 小林 悠 5.5(85分OUT)

好調の相手CBにほぼ封じられていた。動きにも工夫なく、点取り屋としての迫力を欠く。

 交代出場

MF

18 三笘 薫 6.5 (HT IN)

後半から投入されると指揮官の期待に応えるプレー。大島の決勝点をお膳立てした。


MF

6 守田英正 6(73分IN)

主導権を握っていた時間帯に投入され、強度あるプレーで中盤を支えていた。


MF

22 下田北斗 6(73分IN)

大島とは異なる持ち味で中盤を活性化。素晴らしいキックでチャンスも演出した。


FW

9 レアンドロ・ダミアン ―(85分IN)

逃げ切りの時間帯でチーム戦術に徹しながらも、相手ゴールを狙う迫力も見せた。


FW

20 宮代大聖 ―(90+1分IN)

アディショナルタイムに投入され、攻撃で見せ場はなかったが守備で献身的にプレー。


監督

鬼木 達 6.5

後半早々に切ったカードが奏功。家長のポジション変更を含めて采配で流れを変えた。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事