【J1採点&寸評】仙台0-1横浜|帰ってきた守護神が攻守両面で存在感!劇的弾の呼び水となったキーマン、采配は?

【J1採点&寸評】仙台0-1横浜|帰ってきた守護神が攻守両面で存在感!劇的弾の呼び水となったキーマン、采配は?

2020.8.2 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ8節]仙台0-1横浜/8月1日(土)/ユアスタ


【チーム採点・寸評】

仙台 5.5

前節大量失点の反省からメンバーを入れ替え、2ボランチとする守備重視の戦い。終盤までよく粘ったが、最後の最後で守り切れず失点。ボールを奪う位置がゴールから遠く、攻撃の迫力が落ちてしまった。


【仙台|採点・寸評】 

GK

27 ヤクブ・スウォビィク 6.5

最後はM・ジュニオールにゴールを許したが、川崎戦では見せられなかった本来のシュートストップの確実さを取り戻し、再三のファインセーブでピンチを救ったことは評価できる。


DF

36 柳 貴博 5.5

前半は対面の仙頭に対し、フィジカルで勝ったこともありうまく守備で対応できていたが、後半、大津のスピードや巧みな位置取りに対して対応に苦しみ始め、結果的に失点は自身のサイドからだった。


43 アピアタウィア久 6

初出場で「緊張した」と話したが、E・ジュニオをフィジカル勝負で抑え込み、ハイボールをよくはね返し、守備の安定に貢献した。前に出てあっさりかわされる場面があったことと失点に絡んだ部分は課題。


13 平岡康裕 6

アピアタウィアとのコンビネーションは絶妙で、ゴール前最後のところで何度も身体を張ってゴールを守り続けた。失点の場面は予想外のところにボールがこぼれ、不運もあった。

 MF

14 石原崇兆 6(58分OUT)

得点にはつながらなかったが、持ち味の緩急のメリハリが利いたドリブルでいくつか決定機に絡んだ。守備でもよく身体を張って奮闘していたが、対面の小池や水沼への対応に苦しむ場面が増えたところで交代。


5 椎橋慧也 5.5

吉野とボランチでコンビを組む形に変わったことで、守備で以前よりも余裕が出て、球際への強さを見せることはできていたが、攻撃の起点となるプレーは少なかった。


16 吉野恭平 5.5(81分OUT)

センターバックからボランチへと変わりようやく持ち前の対人守備の強さと、パスセンスが生きた。守備を安定させるという最低限のノルマは達成したが、攻撃に移った時のパスでもう少し精度を見せたかった。


7 関口訓充 5.5(81分OUT)

トップ下でよくボールに触り、攻守でハードワークしたが、攻撃時ボールロストする場面が多かった。アピアタウィアに合わせたコーナーキックは見事だったが、プレースキックをゴールにつなげるまであと少し。

 FW

15 西村拓真 5.5

右サイドから中へ切れ込みゴールに向かう感覚を掴み、チーム最多の3本のシュートを放ったが、ゴールを奪えず。ひとつでも得点できていれば試合展開は違っていた。


19 ジャーメイン良 5.5(74分OUT)

カウンター攻撃の鋭さは見せることができたが、ボールを奪う位置が低かったため、シュートまで持ち込む回数が少なかった。守備は非常に献身的で、最終ラインを助けることができていた。


20 長沢 駿 5.5

献身的な守備はいつも通り見られていたが、チームのボールを奪う位置が低く、ゴール前で良い形でボールが回ってくる機会が少なかった。ボールの収まりも今ひとつ。

 交代出場

DF

4 蜂須賀孝治 6(58分IN)

左サイドバックでの出場となったが、パワフルなドリブル突破やクロスボールで決定機をつくった。長沢とのワンツーからのシュートを決めきりたかった。


DF

45 真瀬拓海 5(74分IN)

右サイドハーフに入ったが、チームがかなり守勢に回っていたこともあり、攻撃で持ち味を出せず、守備でも相手の勢いを止めることができなかった。


MF

8 松下佳貴 ―(81分IN)

途中出場直後はボール奪取から素早く攻撃につなげるプレーができていたが、途中で接触プレーがあった後は負傷があったのか、思うように動き回れず、持ち味を出せなかった。


FW

29 アレクサンドレ・ゲデス ―(81分IN)

長沢と2トップを組む形になったが、相手の猛攻を受けている時間帯だったこともあり、決定機をつくり出すには至らなかった。


監督

木山隆之 5.5

高さ勝負に強いアピアタウィアの起用と、2ボランチへの変更は妥当。ただ、守備にパワーを使い過ぎて攻撃で良かった部分が消え、後半の修正で決定機は増えたが得点を奪えず、最後は守備の決壊を招いた。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


取材・文●小林健志(フリーライター)横浜 6.5

圧倒的にボールを保持しながら、なかなかシュートを決められない我慢の展開が続いた。それでも最後まで諦めずに自らのスタイルを貫き、攻め続けた結果がM・ジュニオールのゴールを生んだ。


【横浜|採点・寸評】

MAN OF THE MATCH

GK

1 朴 一圭 7

復帰明けとは思えないほど、高いパフォーマンス。いつも通り広いエリアを守り、攻撃の起点としての意識も高かった。後半はファインセーブを連発してチームを救い、クリーンシートでの勝利を達成した。


DF

25 小池龍太 5.5

試合を通じて攻守に安定したプレーは見せられていたが、横浜のサイドバックであれば、もう少しゴール前に顔を出す場面があっても良い。


27 松原 健 6.5

本職がセンターバックではないかと思うくらい安定した守備を見せ、さらには最終ラインを飛び出し攻撃に絡む場面も見られ、攻守の要として活躍した。


44 畠中槙之輔 6

コンビを組む松原とも良い連係を見せ、守備では大きな破綻は無かった。攻撃につながるパスも精度が高かった。


5 ティーラトン 6.5

前半から中に入ってのゲームメイクや決定機につながるパスが冴え渡り、試合終盤自身のクロスボールがM・ジュニオールの得点につながった。

 MF

6 扇原貴宏 6.5

守備ではこぼれ球をよく拾って、すぐに攻撃につなげた。ゴールの場面では松原からのパスをティーラトンに展開し、起点となることができた。


8 喜田拓也 5.5(79分OUT)

守備で良いポジショニングからボールを奪い、攻撃に絡むプレーも出せていたが、敵陣に攻め込む時間も長かったので、もう少しゴール前に顔を出しても良かった。


39 天野 純 6(79分OUT)

トップ下の位置から自由に動き回って多くの決定機を演出し、5本のシュートを放ったが決めきれず。少し動きすぎの感もあり、自分でゴールを決めたいという思いがやや強すぎたか。

 FW

18 水沼宏太 6(79分OUT)

自身のシュートこそ無かったが、ドリブルでの仕掛けを随所で見せて決定機をつくり出し、時には逆サイドにも現れて攻撃に絡むなど、ハードワークできていた。


30 エジガル・ジュニオ 5.5(67分OUT)

決定機にはいくつか絡んだが、シュートを決めきれなかった。フィジカルの強いアピアタウィアの守備に苦しめられた。


41 仙頭啓矢 5.5(HT OUT)

切れ味鋭いドリブル突破から決定機をつくったが、対面の柳とのフィジカル勝負にやや手こずり、シュートも決めきることができず、前半で交代。

 交代出場

FW

7 大津祐樹 6.5(HT IN)

「スピードアップを図りたい」という指揮官の意図を汲み、後半から相手ディフェンスラインの背後に抜け出し決定機を演出。得点の場面ではアピアタウィアを引きつけることに成功する頭脳プレーを見せた。


FW

45 オナイウ阿道 6(67分IN)

自身のゴールこそ無かったが、身体能力を生かしたプレーで果敢にゴールを目指し、仙台の守備組織に脅威を与えることはできていた。


DF

15 伊藤槙人 6(79分IN)

センターバックとして起用されたが、ピンチがそれほど多くなかったこともあり、冷静な守備対応を見せ、無失点で試合を終わらせることに貢献した。


MF

26 渡辺皓太 6(79分IN)

相手が引いていたこともあり、フリーでボールを受けることが多く、投入直後から決定機をつくり出して、相手の脅威となっていた。


FW

9 マルコス・ジュニオール 7(79分IN)

投入直後からペナルティエリア内に再三侵入して相手の脅威となり、ラストプレーで冷静にこぼれ球をゴールに押し込み、チームを勝利へと導いた。


監督

アンジェ・ポステコグルー 6.5

前半思うように機能しなかった仙頭を下げて大津を入れることで、徐々に仙台の守備組織に綻びをつくり出し、終盤の3人交代によって仙台の守備組織をこじ開けることに成功した。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


取材・文●小林健志(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事