【松本】3連敗で16位の苦境も、敗戦に射した“一条の光”。昇格組・北九州との一戦に見えた好材料

【松本】3連敗で16位の苦境も、敗戦に射した“一条の光”。昇格組・北九州との一戦に見えた好材料

2020.8.3 ・ Jリーグ

シェアする

[J2リーグ9節]松本1-2北九州/8月2日(日)/サンプロアルウィン


 松本山雅FCが不振に陥っている。再開後の8試合はわずか1勝で、J2では2013年以来2度目となる3連敗中で16位。昇格組のギラヴァンツ北九州を迎えた前節も相手の勢いを押しとどめることができず、セットプレーなどで2失点した。布啓一郎監督は「後半の勝負どころでまた失点した。耐え切れない弱さが露呈したゲーム」と振り返った。


 その前のFC町田ゼルビア戦は、いいところなくからめ取られて0−2と敗れていた。リバウンドメンタリティを発揮すべく、北九州戦は強い決意で臨んだ。CKの守備を従来の慣れ親しんだマンツーマンからゾーンに変更するなど、苦心の跡が窺えた。しかしゾーンディフェンスの構造的な弱点を突かれ、セカンドボールを拾われての失点。あがいても、もがいても、なかなか報われない。


 もちろんケガ人が多発しているなどの理由はあるが、それも含めてのチーム力。とはいえ、浮上に向けた好材料が全くないわけでもない。「一条の光」とも言えるのが、交代出場から93分に決めた中美慶哉のゴールだ。

  加入3年目でようやく生まれた初ゴールに、「今まではスタメンで『やってやろう』という気持ちで力が入りすぎていた。今日は力が逆に抜けていてよかったと思う」と中美。J1時代の昨季には、13試合ぶりに先発復帰した26節・ヴィッセル神戸戦をはじめ、力むあまり絶好機を逃してしまう場面は少なからずあった。2年前の大宮アルディージャ戦では、闘志が裏目に出て一発退場の憂き目にも遭っている。


 しかしこの日のゴールは違った。CKのこぼれ球を拾ったペナルティエリアの外から、しなやかなフォームで利き足とは逆の左足を一閃。「こぼれ球を予想していた。思い切り迷いなく振り抜けた」というイメージ通りのシュートを決めた。これで肩の荷が降り、よりのびのびとプレーできるかもしれない。

  さらに、得点時のプレーを巻き戻す。CKに至るまでの攻撃は、加入後初出場のアウグストが右サイドをえぐってグラウンダーのクロスを供給し、長期離脱から復帰して2試合目となった吉田将也のシュートで得たもの。キッカーを務めたのはシーズン途中に加入した久保田和音だ。このように、フレッシュな戦力が核となってゴールに到達。チームとしても3試合ぶりの得点で、セットプレーから決めたのは新体制になって初めて。その意味でも今後に繋がる一撃と言えるだろう。


 第10節以降は盛夏の5連戦などでさらなる消耗が見込まれる。だがここに来て高橋諒、セルジーニョら昨季の主軸を務めた面々が全体練習に合流しているだけでなく、一部報道にもあるように、横浜F・マリノスから前貴之が近日加入する予定。連敗中には山本龍平、榎本樹の高卒2年目の2人もJ2デビューを果たし、ともに先発2試合目は成長の痕跡が窺えた。こうしたプラス要素をかき集め、指揮官の言う「誰が出ても力を発揮できる」チームへの変貌を遂げながら捲土重来を期す。


取材・文●大枝令(スポーツライター)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事