【東京V】MF藤本寛也がポルトガル1部のジル・ヴィセンテへ期限付き移籍!「自分で決めた決断に責任と覚悟を持って…」

【東京V】MF藤本寛也がポルトガル1部のジル・ヴィセンテへ期限付き移籍!「自分で決めた決断に責任と覚悟を持って…」

2020.8.5 ・ Jリーグ

シェアする

 J2・東京ヴェルディは8月5日、MF藤本寛也がポルトガル1部リーグのジル・ヴィセンテFCに期限付きで移籍することを発表。移籍期間は2020年8月9日から2021年5月31日までとなっている。

 

 藤本は東京Vの下部組織出身の21歳。2018年にトップ昇格を果たし、1年目から25試合に出場し3得点を記録した。昨シーズンは右ひざに全治8か月の大怪我を負い、不遇の1年を送ったが、キャプテンに任命されて臨んだ今季春に復活。再開後はここまでリーグ戦7試合に出場し1ゴールを記録している。

 

 各年代別代表にもコンスタントに招集され、昨年のU-20ワールドカップにも出場。クラブも大きな期待を寄せる藤本は、東京Vの公式サイトで感謝と意気込みを綴っている。

 

「この度ポルトガルのジル・ヴィセンテに移籍することになりました。12歳からヴェルディでサッカーをしてきて約9年間、喜怒哀楽を経験してきて人としてもサッカー選手としても様々な面で成長できたと思います。

  この約9年間、ヴェルディで過ごしてきた日々は自分にとって一番大事な宝物です。ヴェルディでなければ、今の自分はいないと思います。過ごしてきた日々を振り返れば振り返るほどヴェルディでサッカーができて心の底からよかったなと感じます。

 

 これまで一緒にサッカーをしてきた仲間、スタッフの皆さん、そしてクラブに関わっているファン、サポーターの方々には本当に感謝しています。自分で決めた決断に責任と覚悟を持って、ポルトガルで頑張ります。ありがとうございました」

 

 藤本が加入するジル・ヴィセンテは、今季リーグ戦を10位でフィニッシュ。中島翔哉(ポルト)、権田修一、安西幸輝(ポルティモネンセ)らもプレーするポルトガルを、初の海外挑戦の舞台に選んだ。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事