【ルヴァン杯】若手主体で臨んだ川崎が、なぜHTで小林悠と大島僚太を同時投入したのか?鬼木監督が語るその理由は…

【ルヴァン杯】若手主体で臨んだ川崎が、なぜHTで小林悠と大島僚太を同時投入したのか?鬼木監督が語るその理由は…

2020.8.5 ・ Jリーグ

シェアする

[ルヴァン杯・2節]鹿島2-3川崎/8月5日(水)/カシマ


 負けたら敗退となるなか本気の鹿島を相手に若手中心のメンバーで挑んだ川崎。前半は苦しいなかを耐え切り。最後に三笘薫のゴールでリードして折り返すと、HTに一気に勝負をかけた。後半開始から小林悠と大島僚太を投入すると、2分後に大島がゴール。さらに攻撃を活性化すると、大島の展開から三笘が抜け出しクロスを供給。これに中央で小林、ファーサイドで旗手怜央が反応すると、最後は旗手が押し込んだ。


 試合後に取材に応じた川崎の鬼木達監督はハーフタイムでの小林、大島同時投入をこう説明した。


「前半はなんとかリードして折り返せたけど自分たちのゲームかと言われると……。アウェーということもあって、1点返されるとどうなるか分からない。先手先手を取っていきたかった。その意味で二人を投入し、もう一度こちらの流れにしたかった」

  狙い通り3点をリードする展開となった川崎だったが、その後、DFがディフレクトしたボールがアンラッキーな形で相手に渡り、伊藤翔に得点を許してしまう。さらにカウンターを仕掛けたが決め切れず、逆にカウンターを受ける格好で再び伊藤翔に加点された。しかし、1点差に詰め寄られるものの、なんとか逃げ切った。


「最後は足がつったり、攻め込まれて厳しい場面もあった。カウンターで仕掛けるもカウンター返しを受けてしまった。ただ、そういう場面でも自分たちらしく仕掛けていく姿勢は良かったと思う。課題としては決め切ること。決めきれなかった時に失点をしない。今後、改善点として取り組んでいかなければならない」と勝ったものの、課題も残る内容となった。


 しかし、「とにかく勝たなくてはいけないゲーム。本気の鹿島を相手にどれだけできるかというのを見たい部分もあった」と語るように、先発出場の両翼、大卒ルーキーの三笘と旗手がそれぞれ1ゴールと結果を残すなど、実りも大きな試合となった。


 これで再開後のリーグ戦から合わせて8連勝。川崎は8日のリーグ戦後、12日に敵地で2勝同士となった名古屋とグループステージ突破をかけて直接対決となる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事