【ルヴァン杯】大島僚太が退場も、三笘薫の2ゴールで引き分けた川崎が首位通過!2位・名古屋の突破も決定|Aグループ

【ルヴァン杯】大島僚太が退場も、三笘薫の2ゴールで引き分けた川崎が首位通過!2位・名古屋の突破も決定|Aグループ

2020.8.12 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは8月12日、ルヴァンカップの第3節、グループステージ最終戦の7試合を各地で開催した。頂上決戦となった名古屋グランパス対川崎フロンターレは2-2の引き分けに終わり、川崎がグループAを1位で通過。2位となったものの、各グループの2位チームでの最も勝点が多かった名古屋の突破も決定した。


 ともに2連勝の名古屋は、川崎フロンターレとホームで対戦した。引き分けると両チームが次のステージに駒を進めるという一戦は、大方の予想に反して前半立ち上がりから得点を奪い合う展開となった。


 名古屋は開始1分に相馬勇紀がペナルティエリア手前から思い切って右足を振り抜くと、DFに当たったシュートがコースが変わってゴールに吸い込まれ、先制に成功。だが、川崎も6分に同点に追いつく。下田北斗のシュートはGKに防がれるが、こぼれ球に反応した三笘薫に詰めて1-1とする。


 直後の7分、相手のミスからボールを奪った山﨑凌吾がDFを引きつけパスを供給。走り込んだG・シャビエルが無人のゴールに流し込み再び名古屋がリードを奪うが、ミスの続いていた川崎が、再び同点に追いつく。38分に右サイドの小林が大島僚太へパスを落とすと、ダイレクトでクロスボールを供給。ゴール前の宮代大聖には合わなかったものの、ファーサイドに走り込んでいた三笘が頭で合わせ2-2とした。

  両チーム次々と交代カード切るものの、次第に膠着した展開に。71分には川崎の大島が上がってきた名古屋の吉田豊を倒し、この日2枚目のイエローカードで退場となってしまう。ひとり少なくなった川崎は守備を固めて名古屋の攻勢を凌ぎ、2-2で試合終了を迎えた。


 もう1試合、IAIスタジアム日本平で行なわれた清水エスパルスと鹿島アントラーズの1戦は、18分に白崎凌兵のゴールで鹿島が先制するも、42分に宮本航汰のゴールで清水が追いつき、さらに54分ジュニオール・ドゥトラのゴールで逆転。しかし、染野唯月、松村優太の高卒コンビのゴールで再び逆転し、3-2で鹿島が勝利を収めた。


 この結果、グループAは川崎と名古屋が勝点で並んだものの、得失点差で前者が1位、後者が2位となり、両チームのプライムステージ進出が決定した。また鹿島が3位、清水が4位となった。


 また今後は、各グループの1位チーム及び2位チーム内の最上位1チーム、ACL参加の3チーム(横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸)を加わえた8チームで1発勝負のトーナメントで優勝を争う。次のステージの対戦カードの抽選会は明日13日に開催予定。準々決勝が9月2日(水)、準決勝が10月7日(水)、決勝が11月7日(土)に行なわれる予定だ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事