【ルヴァン杯】札幌が横浜FCと1-1のドローも2年連続でベスト8進出! 広島対鳥栖は中止に…|Cグループ

【ルヴァン杯】札幌が横浜FCと1-1のドローも2年連続でベスト8進出! 広島対鳥栖は中止に…|Cグループ

2020.8.12 ・ Jリーグ

シェアする

 8月12日、ルヴァンカップのグループステージ最終戦となる第3節が各地で開催。Cグループでは、北海道コンサドーレ札幌対横浜FCの一戦が札幌ドームで行なわれ、1-1のドロー決着となったものの、勝点を7に積み上げた札幌がグループ1位でプライムステージ進出を決めた。

 

 試合は立ち上がりから札幌がボールを握ると、開始2分にプロデビュー戦となった小柏剛がスピードに乗ったドリブルで積極的に仕掛け、効果的なクロスを上げるなど存在感を発揮する。

 

 決勝トーナメント進出を果たすには勝つしかない横浜FCも球際で厳しくプレッシャーをかけてボールを奪うと、縦に早い攻撃で好機を創出。9分にカウンターから武田ペナルティーエリア内でループシュートを狙うも、相手GKに防がれ得点には至らない。

 

 お互いに中盤でボールを奪い合い、激しく攻守が入れ替わる展開となるもなかなか得点は生まれず、スコアレスで前半を折り返す。

 

 後半開始早々の49分についに試合が動く。最終ラインからのロングフィードに抜け出した小柏がペナルティーエリア内で相手に倒され札幌がPKを獲得。これをキッカーのアンデルソン・ロペスが冷静にゴール左に流し込み、貴重な先制点を挙げる。

  しかし、57分に一瞬の隙を突かれ、横浜FCの瀬沼優司に同点ゴールを許してしまう。その後も高い位置から積極的にプレスをかけてくる相手に苦戦する札幌だったが、身体を張った守備で最後まで守り抜き1-1のドロー決着となった。

 

 Cグループのもう1試合、サンフレッチェ広島対サガン鳥栖は、鳥栖の選手とスタッフ複数名に新型コロナウイルス陽性反応が確認されたため急きょ中止に。当該試合の取り扱いについてはまだ発表されていないが、勝点を7に伸ばした札幌が、首位で2年連続となるグループステージ通過を決めた。

 

 またグループAの名古屋対川崎の一戦がドローに終わり、両チームが勝点を7に積み上げ決勝トーナメント進出を確定。そのため、横浜FC、広島、鳥栖の敗退が決まった。

 

 9月2日より行なわれるプライムステージの組み合わせを決定するオープンドロー(抽選会)は、8月13日に実施される。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事