【J2】2位徳島が西谷の決勝弾で町田に勝利し首位長崎を追走!“昇格組”北九州は5連勝で3位を維持

【J2】2位徳島が西谷の決勝弾で町田に勝利し首位長崎を追走!“昇格組”北九州は5連勝で3位を維持

2020.8.12 ・ Jリーグ

シェアする

 J2リーグは8月12日、第11節の11試合を各地で開催した。FC琉球対ヴァンフォーレ甲府は沖縄県が発令している緊急事態宣言の影響もあり、観客を入れないリモートマッチでの開催。雷の影響で京都サンガFC対水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビア対徳島ヴォルティスの2試合はキックオフ時間を30分遅らせてのスタートとなった。


 現在首位のV・ファーレン長崎は、最下位のザスパクサツ群馬とホームで対戦。30分に畑潤基、41分に玉田圭司が今季初ゴールを決め2点リードで前半を折り返すと、後半1点を返されたものの、90分に交代出場の毎熊晟矢が加点し3-1で勝利を収めた。勝点を26に伸ばし、首位固めに成功した。


 前節にその長崎に快勝した2位の徳島ヴォルティスは敵地でFC町田ゼルビアと対戦。26分の西谷和希のゴールで1-0と競り勝ち、勝点22で2位をキープした。


 3位ギラヴァンツ北九州はホームにツエーゲン金沢を迎えた。1-1で折り返して迎えた66分、髙橋大悟が反転して左足で強烈なシュートを決め、これが決勝点に。5連勝で同じく勝点を22としたが、得失点差で3位のままとなっている。

  9節のアビスパ福岡戦が直前で中止となり1試合消化試合の少ない4位大宮アルディージャは、ジュビロ磐田とホームで激突した。大山啓輔のゴールで先制するも、60分に磐田に得点を許す。81分にはオウンゴールで再び勝ち越したものの、アディショナルタイムにルキアンにゴールを決められ2-2の同点で終えた。両チーム勝点1を積み上げ、大宮は4位をキープ。磐田は同18で7位タイとなっている。


J2リーグ11節(8月12日)の試合結果は以下の通り。

※左側がホームチーム


大宮2-2磐田

千葉3-0松本

新潟2-1山口

愛媛0-1山形

福岡1-3東京V

北九州2-1金沢

長崎3-1群馬

琉球1-2甲府

京都2-2水戸

栃木2-1岡山

町田0-1徳島


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事