【J1採点&寸評】FC東京2-3大分|交代選手たちがハイパフォーマンス!MOMは2月の開幕戦以来の出場となった“10番”

【J1採点&寸評】FC東京2-3大分|交代選手たちがハイパフォーマンス!MOMは2月の開幕戦以来の出場となった“10番”

2020.9.17 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ24節]FC東京2-3大分/9月16日(水)/味の素スタジアム 


【チーム採点・寸評】

FC東京 5

前半から大分のパス回しに苦戦。個の力では勝っている部分も多かったが、ミスも目立ち3失点。高い位置からのプレスはハマらず、チームの狙いとする形が出せなかった。


【FC東京|採点・寸評】

GK

33 林 彰洋 5.5

GKとしてはミスもなく失点の場面でもボールに触るなど最大限のプレーはしていた。若手も多い編成のため、コーチングでもっとチームを助けたい。


DF

22 中村拓海 5(87分OUT)

ボールを持った時の技術や攻め上がりなど良さも見せた。一方守備の面では課題も多く、1、2失点目では軽さも目に付いた。


47 木村誠二 5

空中戦や1対1の局面では落ち着いて守れていた印象。ただ、パスミスや、3失点目では対応が後手を踏む場面も見られた。

 3 森重真人 5

終盤はロングフィードなどでチームを助けた。ただ、若手が多い守備陣においてリーダーシップを発揮すべき立場。DFを引き締める働きを期待したい。


6 小川諒也 5.5

交代してきた田中達也に手を焼いたが、機を見た攻め上がりで攻撃に厚みももたらした。


MF

7 三田啓貴 5(70分OUT)

ポジショニングやランニングは申し分なかったが、ボールを持ってからのアイデアや連係に不足を感じた。


44 品田愛斗 5.5

3失点目の守備など課題は多いものの、1点目に繋がる縦パス。ゴール前に詰めてプロ初ゴールを挙げるなど、大器の片鱗も見せており、収穫も多かったか。


45 アルトゥール・シルバ 5(61分OUT)

得意の推進力を活かす展開にならず、大分の対応に追われどこか所在無げな様子だった。松本にボールを奪われ先制点を許した場面などがその一例だ。

 FW

11 永井謙佑 5.5(61分OUT)

22分にはカウンターからGKの位置を見たロングシュートを放つなど、加速した場面では怖さを発揮。レアンドロの同点弾もアシストした。


9 ディエゴ・オリヴェイラ 6(87分OUT)

スローダウンさせられた攻撃のなかでも巧みな技術でチャンスを作り出していた。25分の決定機をモノにできていれば違った展開もあったか。右サイドの守備でも奮闘していた。


20 レアンドロ 6

スペースのないなかでは怖さも半減していた。しかし、61分にキッチリゴールを決めるのはさすが。65分にはドリブル中にチャージを受けた場面でファウルを取られなかった不運もあった。

 交代出場

MF

28 内田宅哉 5.5(61分IN)

A・シルバに代わって出場。攻守に渡ってよく顔を出していたが、決定的なシーンには絡めなかった。


FW

15 アダイウトン 5.5(61分IN)

交代直後は重そうな動きも見せていた。エンジンがかかり出してからは強靭なフィジカルを発揮。90分の2点目に繋がるドリブルは見事だった。


FW

24 原 大智 5.5(70分IN)

アディショナルタイム最後の場面ではシュートを放つ。自身の前にこぼれてきたボールを押し込めれば…。


FW

27 田川亨介 ―(87分IN)

森重のロングフィードから始まったアディショナルタイムの攻撃では、ワントラップでDFをかわしシュート。一連の流れは完璧だったが、無常にもサイドネットに。品田のJ初ゴールはこの男のシュートからだった。


DF

37 中村帆高 ―(87分IN)

中村拓海に代わって出場した。パワープレーが多くなる時間帯であまり見せ場は無かった。


監督

長谷川健太 5.5

交代選手も効果的で、苦しい台所事情のなかでも若手を積極起用し一定の成果をあげている。対策を講じられ、遅攻となった場合のバリエーションを増やすことが今後の課題か。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 【チーム採点・寸評】

大分 7 

前回対戦ではシュート3本に封じられたものの、FC東京対策が見事にハマり、相手のミスに乗じて先制。さらにプランを強固なものとした。交代選手も軒並み大活躍で、終盤は身体を張って猛攻に耐え、実り多い勝利となった。


【大分|採点・寸評】

GK

22 ムン・キョンゴン 6.5

前線からプレスに来る相手をいなすパス回しに参加し、守備陣を助けた。試合終了まで集中を切らさず、リードを守り切った。


DF

2 香川勇気 6.5

3バックでスタートし、途中からは左のアウトサイドに。終盤は5バック気味になりリードを守り切ることに寄与した。


5 鈴木義宜 6.5

中央に鍵をかけ、空中戦では競り負けていても相手の自由にはさせなかった。ファストブレイクの的を絞らせないパス交換も安定感があった。


15 小出悠太 6

後半は自身のサイドを突かれ起点とされることが多かったが、後手に回っても身体を張って守り切った。

 MF

4 島川俊郎 6

相手の圧力が強くなるところをすんでのところで凌いだ。77分には攻め上がってのミドルシュートも放った。


7 松本 怜 6.5(87分OUT)

D・オリヴェイラと中村拓海の相手右サイドに上手く対応しながら、油断を突いてボールを奪取すると右足で先制点を叩き込んだ。自身の今季初ゴールはチームのプランを遂行させるために重要な先制点となった。


23 高山 薫 6(67分OUT)

42分の小塚からのパスはせめて枠に飛ばしたかった。しかし、そのシュートに行く走り込みを筆頭に広いエリアでハードワークし、苦しい展開でもチームを鼓舞した。


32 前田凌佑 6.5

攻守に渡って非常に効果的だった。相手の圧力にも動じずボールを動かし、ショートカウンターになることを防いだ。

 MF

14 小塚和季 6.5(67分OUT)

相手のライン間でボールを受けると上手くボールを捌き的を絞らせなかった。42分には左サイドから逆サイドの高山を狙った決定的なクロスボールも供給した。


16 渡 大生 6(67分OUT)

2トップ気味の高い位置を取ることも多く、プレスバックでも精力的に走った。長い距離を戻ってきて守備に貢献した。


FW

9 知念 慶 6(77分OUT)

前半は孤立する場面も多かったが、身体を張って前線を駆け回った。53分には思い切ったシュートから相手のミスも重なり松本の先制点に繋がった。

 交代出場

DF

3 三竿雄斗 7(67分IN)

82分の2点目に繋がるパスを野村に通すと、アディショナルタイムには相手の攻撃を懸命にクリア。もう一人のMOMと言うべき活躍を披露した。


MAN OF THE MATCH

MF

10 野村直輝 7(67分IN)

華麗な技術で対峙する中村をかわして上げたクロスで2点目を演出。86分にはゴール前の混戦からしぶとくゴールを陥れ決勝弾。2月の開幕戦以来の出場ながら、背番号10に恥じないエース級の働きで勝利を呼び込んだ。


MF

11 田中達也 7(67分IN)

相手の疲労もあってか右のシャドーで出場すると同サイドを蹂躙。野村のクロスから得点を挙げると、お返しとばかりにタッチライン際からクロスボールを送り、3点目の起点となった。


FW

18 伊佐耕平 ―(77分IN)

交代直後の82分には中央でつぶれて田中の得点をお膳立て。86分には田中のクロスからシュートを放つと、DFに当たり野村のゴールに結びついた。


DF

49 羽田健人 ―(87分IN)

逃げ切りを図る意図での投入。FC東京の怒涛の攻撃を凌ぎ役目を果たした。


監督

片野坂知宏 7

相手のハイプレスをかわすボール回し、サイドで起点を作らせないアウトサイドの人選、交代選手が奪った2得点と事前の分析が大当たり。2失点は相手の個の力によるもので、チーム力でそれを上回れることを実証した。



※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事