【J1採点&寸評】広島1-2G大阪|豪快ミドルで先制ゴール! 違いを生み出した1G1AのMFを最高評価!

【J1採点&寸評】広島1-2G大阪|豪快ミドルで先制ゴール! 違いを生み出した1G1AのMFを最高評価!

2020.9.28 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ19節]広島1-2G大阪/9月27日(日)/エディオンスタジアム広島


【チーム採点・寸評】

広島 5.5

90分を通してみれば自分のやりたいことは概ねできていたが、連続失点のダメージは大きく、取り返すことはできなかった。


【広島|採点・寸評】

GK

1 林 卓人 5.5

パトリックにニアを抜かれたシュートは止めたかったが、宇佐美のシュートを止めるなど好セーブもあった。


DF

3 井林 章 5.5

ゴール前の危険なエリアは抑えたが、パトリックとの攻防で相手に上回られる場面もあった。


23 荒木隼人 5.5

倉田にクリアを拾われて先制点を決められ、パトリックには裏に走り込まれ追加点を許した。間隙を突かれた。


19 佐々木翔 5.5

カウンターの起点を潰して3失点目を許さなかったが、連続失点してしまったところは反省したい。

 MF

24 東 俊希 5.5(60分OUT)

立ち上がりから躍動感のあるプレーを見せていたが、先制された場面はボールロストが続いたことがひとつの要因だった。


8 川辺 駿 5

急所を突くような効果的なプレーはできず、寄せが甘くなる場面もあった。終盤はかなり疲弊した。


6 青山敏弘 5.5(60分OUT)

リスクを負って前へ出て強烈なミドルシュートも放ったが、得点は奪えず60分に交代となった。


18 柏 好文 6

前半から何度もゴール前に際どいボールを供給。もっとアシストを記録していてもおかしくなかった。

 MF

29 浅野雄也 5.5(81分OUT)

スペースを突く動きだけでなく、ドルブル突破も効いた。相手の脅威となっていたが、後半はやや勢いがダウン。


10 森島 司 5(60分OUT)

柏、浅野とうまく連係して攻めたが、40分のヘディングは枠外へ。決定的なプレーはできなかった。


FW

9 ドウグラス・ヴィエイラ 5.5

多くの局面に顔を出して好調を示すプレーを見せるも得点は奪えず。90分にはL・ペレイラとのコンビでシュートを放つがGKにキャッチされた。

 交代出場

FW

39 レアンドロ・ペレイラ 6(60分IN)

4試合ぶりの得点シーンはダイナミックだったが、多くの見せ場を作ることはできていなかった。


MF

44 ハイネル 5(60分IN)

縦パスやクロスをどんどん狙ったが、成功回数は少なかった。効果的なプレーも多くなかった。


MF

25 茶島雄介 5(60分IN)

足もとで受けるだけでなく、裏も狙っていた。起点にはなれていたが、好機を作ることはできなかった。


MF

26 土肥航大 ―(81分IN)

ホームで初出場。精力的に動いてボールを前に入れていたが、チャレンジのパスはなかった。


監督

城福 浩 5.5

今節はゲーム運びがまずかった。順位が上のチームになかなか勝てず、浮上の兆しが掴めない。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


【チーム採点・寸評】

G大阪 6.5

倉田がもたらしてくれたリードを全員で守って勝利を掴み取った。簡単な試合ではなかったが、そのなかで各々がタフに戦えていた。


【G大阪|採点・寸評】

GK

1 東口順昭 6.5

J1通算300試合出場を達成。前半に抜け出してきた浅野のシュートを防ぐなど好セーブを見せ、記念試合を勝利で飾った。


DF

3 昌子 源 6

背後を突かれる場面もあったが、慌てることなくギリギリの場面もしっかりと対処していた。


4 藤春廣輝 6

キム・ヨングォンとの間を突かれるシーンもあったが、倉田と協力して左サイドを守り、大きなピンチは招かなかった。


19 キム・ヨングォン 6

浅野の対応には手を焼き、失点シーンはマークを明確にできなかった。しかし集中して守っていた。


27 髙尾 瑠 6

立ち上がりにあわやゴールのシーンもあったなか、柏に多くのクロスを上げさせてしまう。それでも最後まで粘り強く戦った。

 MF

8 小野瀬康介 6(90+5分OUT)

相手と駆け引きしながらスプリントを多くしてカウンターを狙った。とどめを刺したかった。


15 井手口陽介 6.5

3連戦の3戦目も走行距離は12キロをオーバー。我慢の時間が長くなったなかでも足を止めずタフに戦った。


29 山本悠樹 6

マイボールの時間を長くできなかったが、失った後にしっかりと危ないポジションを埋めて守った。

 MF

MAN OF THE MATCH

10 倉田 秋 7(76分OUT)

「一発打っとこう」と狙った豪快ミドルシュートが決まり、パトリックへのアシストは狙い通り。違いを生み出した。


FW

9 アデミウソン 6(60分OUT)

我慢強く戦った。もっとカウンターを出したかったが、冷静にキープして時間を作る場面もあった。


18 パトリック 6.5(76分OUT)

古巣相手に得意の形からゴール。守備にも惜しみなく力を注いで勝利に大きく貢献した。

 交代出場

FW

33 宇佐美貴史 6(60分IN)

出場直後のシュートはGKに阻まれる。追加点は奪えなかったが、意欲的にプレーして脅威を与えた。


MF

14 福田湧矢 ―(76分IN)

88分のシュートはうまく駆け引きして狙ったが、ゴールマウスには飛ばせなかった。


FW

39 渡邉千真 ―(76分IN)

波状攻撃を受けて防戦一方にならないよう、宇佐美と一緒にゴールへ向かって相手を押し返した。


MF

34 川﨑修平 ―(90+5分IN)

9月に入ってこれで4試合目の出場。まだ出場時間は少ないも、チームの力になっている。


監督

宮本恒靖 6.5

押し込まれる時間が多くなっても慌てることなく対処。4バックでもそれぞれがやるべきことをやれている。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事