「1人時間軸が違う」 “ゴラッソ製造機”、名古屋・マテウスの無回転弾にファン驚愕!「意味が分からん笑」

「1人時間軸が違う」 “ゴラッソ製造機”、名古屋・マテウスの無回転弾にファン驚愕!「意味が分からん笑」

2020.11.22 ・ Jリーグ

シェアする

 11月21日、名古屋グランパスは湘南ベルマーレとホームで対戦し、3-1で勝利。この試合で人一倍存在感を放ったレフティ、マテウスに大きな注目が集まっている。


 まずスタジアムを沸かせたのは、0-0で迎えた11分。敵陣中央でマテウスが相手のパスミスを奪うと、その場から思い切りよく左足振り抜く。すると強烈な無回転のシュートがゴール右に突き刺さった。距離にして約30m、圧巻のロングシュートだった。


 さらにブラジル人ストライカーは、2-1となった55分にも大仕事。稲垣祥からペナルティエリア左でパスを受けると、ファーサイドへふわりと浮かせたクロス。これをフリーで待ち構えたガブリエル・シャビエルが豪快にジャンピングボレーでゴールに流し込んだ。


 結局、背番号16の左足から生まれた2点が勝利を大きく手繰り寄せ、名古屋は2連勝を収めている。


 試合後、マテウスの活躍にはファンも絶賛。とりわけ無回転ゴールは大きな反響があり、SNS上では次のようなコメントが数多く寄せられている。

 「えぐすぎんだろw」

「意味が分からん笑笑」

「人類へ対する暴力」

「1人時間軸が違うんだけど」

「時間が止まったような錯覚を覚えるスーパーゴール」

「驚かないよね、良い意味で」

「ゴラッソ製造機」

「Jリーグはやっぱり面白い」


 また、試合から数時間後、本人も自身のインスタグラムを更新。ゴールとアシストの映像をアップし、「ありがとう。勝点3、ゴール、アシスト」と喜びの声を伝えている。


 先月14日の北海道コンサドーレ札幌戦でも、無回転FKでスーパーゴールを奪ったマテウス。残り4戦、アジア・チャンピオンズ・リーグ出場権獲得争いも激しさを増すなかで、“ゴラッソ製造機”の躍動に期待がかかる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事