「引退試合の前に私のところへ来て…」“神様”ジーコが内田篤人氏との秘話&“微笑ましい”ツーショットを披露!

「引退試合の前に私のところへ来て…」“神様”ジーコが内田篤人氏との秘話&“微笑ましい”ツーショットを披露!

2021.2.23 ・ Jリーグ

シェアする

 鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表ジーコ氏が、2月21日、自身のインスタグラムを更新。昨年8月に現役を引退した元日本代表DF内田篤人氏との秘話を明かしている。


 ジーコ氏は10枚の写真とともに、当時を振り返っている。


「昨年、鹿島史上屈指の右SBである内田篤人がサッカー界に別れを告げた。彼は、私と同じように膝に問題を抱えていた。引退試合が行なわれる数日前、彼は私のところへ来て、膝の負傷のことについていろいろと話し合った。どのような治療が行なわれたのかを説明して、当時は今のような医療技術や治療法がなかったことを思い出した」

  写真にはその時の様子が収められており、練習場に設置されたベンチに座ったトレーニング着姿の内田氏とジーコ氏が、お互いの膝を指差しながら会話している様子が見てとれる。


「彼は今日、JFA(日本サッカー協会)で仕事を得ている。とても良いことだ。現役時代のように、彼が成功することを祈っている」


 ジーコ氏はそう綴り、鹿島での選手生活を終えた内田氏にエールを送った。


 内田氏は現役引退後、JFAのロールモデルコーチに就任し、U-19日本代表チームの合宿に帯同するなど、サッカー界に携わり続けている。


 この投稿には300件以上のコメントが寄せられており、その多くはポルトガル語で綴られており、「ふたりのサッカー界のアイドル」「スゴイですね!」「ジーコはすっかり日本の暮らしになれていて、微笑ましい」などのコメントが寄せられている。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事