「一昨年を超えたい」広島、10番・森島司がアシストでの貢献に意欲! 開幕戦の仙台の印象は?

「一昨年を超えたい」広島、10番・森島司がアシストでの貢献に意欲! 開幕戦の仙台の印象は?

2021.2.23 ・ Jリーグ

シェアする

 サンフレッチェ広島のMF森島司がオンラインで取材に応じ、開幕戦で激突するベガルタ仙台の印象と、今シーズンへの意気込みを語った。


 広島は昨シーズン、3年目の指揮となった城福浩監督のもと、ポゼッションとショートカウンターを併用する戦術でタイトル獲得を目指したが、なかなか勝ち星を重ねられず8位でフィニッシュした。


 引き続き攻撃的なサッカーで臨む今季の開幕戦の相手は仙台に決定。昨年対戦した2試合は、ともに引き分けと勝ち切れなかった難敵に、森島も「守備が固い」と警戒を強める。


「仙台は粘り強く戦ってくるイメージ。去年のホームはラスト数分で追いつかれましたし、守備が固くて嫌な印象があります。自分は攻撃の選手なので、どれぐらい点を取れるかっていうのはすごく大事だと思います。今年はチームとして得点のところをこだわってやっているので、開幕戦ではそういうところに懸かっているのかなと思います」

  背番号10を託された昨季は、プロキャリアで初めてとなる全試合出場を果たした森島。周囲との連係でゴールに迫り、セットプレーのキッカーとしてもチャンスに絡むなど存在感を示したが、アシストはわずかに『1』と本人は決して結果には満足していない。


「去年はセットプレーで1アシストしかしていないので、すごく責任を感じています。一昨年が7アシスト出来ていて、そのイメージで昨シーズンに臨んで、1アシストしか出来なかった。流れの中でどれだけ得点に絡めるかでチームの順位も変わってくると思うので、個人的にはゴールとアシスト、両方でチームの得点に絡んで助けたいと思います」


 最後に個人の目標を尋ねられた森島は「一昨年を超えたい」一言。ブレイクを果たした2019年の7アシストを超える活躍を目指す。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事