【柏】「決められる感覚はずっとあった」呉屋大翔が今季初弾を含む2発! オルンガに代わる得点源の期待に本人は…

【柏】「決められる感覚はずっとあった」呉屋大翔が今季初弾を含む2発! オルンガに代わる得点源の期待に本人は…

2021.3.6 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ2節] 柏2-1湘南/3月6日(土)/三協フロンテア柏スタジアム


 FW呉屋大翔の今季ファーストゴールを含む2得点の活躍で、柏レイソルが公式戦初白星を飾った。


 ホームに湘南ベルマーレを迎えた柏は、立ち上がりから主導権を握ると14分に呉屋がさっそく先制点を奪う。右サイドからの高橋峻希の鋭いクロスボールに、「(相手が)マークをタイトについてきたが、そんなに上背はなかったので、ちゃんと競れば勝てると思った」という呉屋がヘディングで合わせてネットを揺らす。


 後半は、前半終了間際に同点としてきた湘南が攻勢を強めてきたが、守備陣が身体を張って守る。すると66分には、ヒシャルジソンのペナルティエリア右からのクロスに椎橋慧也が頭で反らし、最後はファーサイドにポジションを取っていた呉屋が冷静にゴールに流し込んだ。「椎橋がニアに入ったのが見えたので、ファーで構えていた」との冷静な判断が、チームに勝点3をもたらしたのだった。

  呉屋は今季ここまで開幕節とルヴァンカップ初戦の2試合に先発出場し、シュートチャンスはあったものの無得点。昨シーズン、得点王と年間MVPを受賞するなど、絶対的な得点源だったオルンガがチームを抜け、呉屋にかかる期待も大きいはずだが、本人はプレッシャーを感じていない。


「(オルンガの抜けたことついて)周りの人は絶対意識してしまうと思いますが、僕的にはそんなに意識していない。自分ができるプレーをしようと思って、あまりプレッシャーを感じずにやれていると思う。僕的には、パスさえ自分に合えば決められる感覚はずっとありました」


 試合前には前節で達成したJリーグ通算100試合出場の記念セレモニーが行なわれ、3歳の長男、1歳の長女からの花束贈呈が行なわれた。家族もスタジアムで見守るなか、ネルシーニョ監督も「決定的な仕事をしてくれた」と称賛する2ゴール。オルンガのサブに回っていた悔しさを2021年、ついに晴らす時が来た。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事