【J2】首位新潟は栃木とドロー、2位琉球は町田に敗れ今季初黒星、京都は東京Vを下して4連勝を達成!

【J2】首位新潟は栃木とドロー、2位琉球は町田に敗れ今季初黒星、京都は東京Vを下して4連勝を達成!

2021.4.21 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは4月21日、J2リーグ第9節の計11試合を各地で開催。首位のアルビレックス新潟は栃木SCと2-2、2位のFC琉球はFC町田ゼルビアに0-3で敗れた。


 栃木とのアウェー戦に挑んだ新潟は、8分に矢村の得点で幸先良く先制。ビハインドを背負った栃木だが、24分に森が同点弾を挙げると、56分に面矢が逆転ゴールを挙げる。試合はそのまま栃木リードでタイムアップかと思われたが、アディショナルタイムに新潟の千葉が値千金の同点弾。2-2で勝点1を分け合う結果となった。


 琉球対町田は3-0で町田が圧勝。高橋、長谷川、平戸のゴールで上位チームを一蹴した。敗れた琉球は、スコアレスドローだった6節・大宮アルディージャ戦以来となる無得点で、この日は攻撃陣が振るわず。ここまで7勝1分と無敗だったが、今季初の黒星を喫した。


 3連勝中の京都サンガF.C.は東京ヴェルディと対戦。8分にはP・ウタカが今季通算8ゴール目となる先制点を挙げる。54分には宮吉が追加点をゲット。守っては相手の攻撃をシャットアウトし、2-0の完封勝利で連勝を4に伸ばした。


 同じく3連勝中のジュビロ磐田は大宮と相まみえ、3-2で白星を掴む。1-2で迎えた76分、ルキアンの5戦連発となるゴールで同点に。さらに81分に山田が試合をひっくり返すゴールを決め、鮮やかな逆転勝利で4連勝を達成した。

  その他、モンテディオ山形対V・ファーレン長崎は3-1で長崎が勝利、ザスパクサツ群馬対ファジアーノ岡山は1-0で群馬が勝利、ヴァンフォーレ甲府対SC相模原は2-0で甲府が勝利、ツエーゲン金沢対ブラウブリッツ秋田は2-1で金沢が勝利、水戸ホーリーホック対ジェフユナイテッド千葉は1-0で千葉が勝利、ギラヴァンツ北九州対レノファ山口FCは0-0の引き分け、前節の大宮戦で今季初勝利を挙げた愛媛FCは、松本山雅FCに3-1と勝利し、連勝を飾った。


 J2リーグ第9節の結果は以下のとおり。


東京V 0-2 京都

山形 1-3 長崎

水戸 0-1 千葉

栃木 2-2 新潟

群馬 1-0 岡山

町田 3-0 琉球

甲府 2-0 相模原

金沢 2-1 秋田

磐田 3-2 大宮

愛媛 3-1 松本

北九州 0-0 山口


構成●サッカーダイジェストweb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事