五輪候補の相馬勇紀が1G1A! 名古屋がG大阪に2発快勝、今季10度目の無失点試合で首位川崎に勝点3差

五輪候補の相馬勇紀が1G1A! 名古屋がG大阪に2発快勝、今季10度目の無失点試合で首位川崎に勝点3差

2021.4.22 ・ Jリーグ

シェアする

 J1リーグは4月22日、11節の名古屋グランパス対ガンバ大阪を豊田スタジアムで開催し、ホームの名古屋が2対0で勝利を収めた。


 試合は東京五輪を目指すU₋24日本代表候補の相馬勇紀が輝きを放った。


 まずはスコアレスで迎えた29分、中盤左サイドでボールを持った相馬は敵陣へ入ると一気にスピードアップ。対面するDFを振り切って左足でクロスを供給すると、中央で待ち構えた山崎凌吾が胸トラップから左足で蹴り込みネットを揺らした。名古屋が先制する。


 さらに1点リードで迎えた55分には、左サイドバックの吉田豊からの縦パスに反応した相馬が、再び敵陣を切り裂く。そのままペナルティエリア内に侵入すると、対峙した三浦弦太をかわして右足で流し込む。相馬の今季2得点目で名古屋が2-0とリードを広げる。

  結局、名古屋はG大阪の反撃を封じ込め、2試合ぶりの白星。同じく2試合ぶりの無失点で、今季10度目の完封ゲームとなった。


 名古屋は勝点を29に伸ばし、ともに12試合を消化する首位川崎フロンターレを勝点3差で追走する。一方のG大阪は、勝点6にとどまり17位。7試合の消化ながら、依然として降格圏を抜け出せずにいる。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事