「次から勝ってこ!」「まだ終わってない!」名古屋、天王山に連敗も…終盤の猛反撃にサポーターから激励の声

「次から勝ってこ!」「まだ終わってない!」名古屋、天王山に連敗も…終盤の猛反撃にサポーターから激励の声

2021.5.4 ・ Jリーグ

シェアする

 J1リーグ12節の川崎フロンターレ対名古屋グランパスの一戦は5月4日、等々力陸上競技場で行なわれ、川崎が3対2で勝利を収めた。名古屋は4月29日のホームでの敗戦に続き、首位攻防の天王山で2連敗を喫することとなった。


 試合は川崎が31分、ジェジエウのヘディングシュートで先制。さらに後半に入り50分に山根視来のボレー弾、59分に丸山祐市のオウンゴールで、川崎が3-0とリードを広げる。名古屋はここから反撃。73分に稲垣祥の右足ダイレクトのシュートが決まると、83分にもマテウスの直接FK弾が決まり3-2。しかし終盤の猛攻も及ばず、最後は川崎が逃げ切り、3-2で勝利を収めた。


 名古屋にとっては痛い敗戦となった。首位・川崎との異例とも言える首位攻防の2連戦で連敗。勝点差はついに「9」にまで広がってしまった。いまだ序盤戦とはいえ、直接対決をふたつ落とした事実は、今後の優勝戦線において小さくないダメージとなるだろう。


 しかし敗れたとはいえ、3点を先行されてからの巻き返しは見事だった。その戦いぶりには、サポーターも激励とともに、今後への期待の声を上げている。

 

「最後に意地を見せてくれた 残り全試合勝ちましょう!」

「お疲れ様でした。逆に負けることはない。次から勝ってこ!!!!!」

「誠に無念!! しかし試合での意地、戦いぶりは真にあっぱれ!」

「川崎相手に2点は大きい!けどすっごい悔しい!!」

「闘う姿が見れて良かったです! 次は勝ちましょう」

「残りの試合全部勝つ気でいこう!」

「この2得点を次に繋げよう」

「怒涛の追い上げ迫力ありましたよ」

「2点取れたのは大きいと思う セレッソ戦は勝ちましょう!!」

「まだだ!まだ(優勝の可能性は)終わってない!!」


 名古屋は今後、中3日で13節・セレッソ大阪戦(5月8日)、さらに中3日で21節・鹿島アントラーズ戦(5月12日)を迎える。難敵との連戦にいかに立ち向かうのか。優勝争いで踏ん張るためにも、ここからが正念場となりそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事