「速かった」名古屋とACLで対戦する韓国・浦項の指揮官が警戒する2選手は?「ナゴヤはJリーグの時ほどでは…」

「速かった」名古屋とACLで対戦する韓国・浦項の指揮官が警戒する2選手は?「ナゴヤはJリーグの時ほどでは…」

2021.6.24 ・ Jリーグ

シェアする

 名古屋グランパスは6月22日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ(G組)第1節でマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと対戦。60分に阿部浩之が挙げた1点を守り切り、1-0の勝利を飾った。


 次節は25日に、初戦でタイのラチャブリFCを2-0で下した韓国の浦項スティーラーズと対戦する。


 その浦項のキム・ギドン監督が、前日会見で名古屋の印象について語っている。韓国メディア『InterFootball』が伝えた。


「ナゴヤの試合を見たが、Jリーグの時のような運動量やテンポの速さがなかったように思う。初戦だから、慎重な試合をしたのだろう」


 それでも、「全体的なスキルの高さが強みだと思う。両ウイングが速かった」として、マテウスと相馬勇紀の両サイドアタッカーを警戒した。


 最後に「明日はどんな流れになるかは分からないが、ファンが期待する良い試合になると思う」と締めくくっている。


 グループ最大のライバルを破り、連勝で弾みをつけるのはどちらのチームか。好ゲームが期待できそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事