「やっぱ別格」「6試合しかやってないのに…」元柏のオルンガ、ACL得点王に輝く! GL敗退も9ゴールをゲット

「やっぱ別格」「6試合しかやってないのに…」元柏のオルンガ、ACL得点王に輝く! GL敗退も9ゴールをゲット

2021.11.24 ・ Jリーグ

シェアする

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は11月23日に決勝戦が行なわれ、サウジアラビアのアル・ヒラルが韓国の浦項スティーラーズを2-0で下し、2年ぶりの優勝を達成。ACL前身のアジアクラブ選手権を含めると通算4度目の制覇となった。


 アジアサッカー連盟(AFC)のACL公式ツイッターは決勝翌日の11月24日、全日程を終えたACLの得点王を発表。9ゴールでその座を射止めたのは、昨季J1リーグで得点王&最優秀選手に輝き、今年1月にカタールのアル・ドゥハイルに渡ったFWオルンガだった。


 アル・ドゥハイルはグループCを2位で終えたものの、各グループ2位チームのうち成績上位3チームまでに与えられる決勝トーナメントへの出場権は得られず。チームはグループリーグ6試合で敗退していた。しかし、チームが記録した11ゴールのうち、9得点をオルンガがひとりで叩き出していた。

  日本にも所縁が深いオルンガの大会得点王獲得を伝えたACLの公式ツイッターには以下のような日本のファンからのメッセージも多数寄せられている。


「わぁ、さすがオルンガ選手」

「やっぱ別格だったんだなぁ」

「ACLでも伝説を残す男...!!!!!さすがすぎる!!」

「GSで敗退で得点王は強すぎる笑笑」

「たった6試合しかやってないのに得点王はすごすぎる」

「オルンガ?あのオルンガ!?まじで!」

「こんなところにおったんかい!」

「柏から世界へ!ミカおめでとうー!」

「中東でも無双」

「オルンガさっそくアジアで得点王!!」

「日本帰ってきて」

「ヨーロッパで観てみたい!」


 また、オルンガのACL得点王が決定した11月24日は、当時J2だった柏が京都に13-1で勝利し、オルンガがJリーグ史上最多の1試合8ゴールを決めた日としても記憶に新しい。「オルンガの日にACL得点王決定…改めて11月24日はオルンガの日やね…」「今日は11月24日。 “あの記録”が誕生してからちょうど2年…今日を来年から祝日にしない?」「9ゴール?それなら1.125オルンガか」などの声も寄せられている。


 アジアの舞台でもオルンガの得点能力は別格だったようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事