【私が見た玉田圭司】頑固でひたむきで最高のエンターテイナー…長崎での『楽』な日々

【私が見た玉田圭司】頑固でひたむきで最高のエンターテイナー…長崎での『楽』な日々

2021.11.25 ・ Jリーグ

シェアする

 2021年シーズン限りで現役引退を発表した玉田圭司。その輝かしいキャリアを様々な記者に振り返ってもらう。長崎の番記者が見たのは、自身のサッカー観を貫く姿勢だった。


―――◆―――◆―――


 玉田圭司の現役引退が発表されてから、長崎で彼を取材した日々を思い出している。2019年シーズンに加入してからの3年、新型コロナウイルス感染症が蔓延したために十分な取材ができない時期もあったが、印象深かった取材を思い返すと、常に『楽』の文字が浮かぶ。どんな環境や状況にあっても誰よりもサッカーを楽しみ、そのために決して楽をしようとはしなかった男。それこそ私が長崎で取材をした玉田圭司という選手だった。


「初めて一緒にプレーする選手が多いので、キャンプでコミュニケーションを取っていきたい。やっているうちに言いたいことも出てくると思うので、話し合って良い方向へもっていければ」


 2019年シーズンの始動にあたり、そう語る玉田の顔には楽しさが漲っていた。加入直後の沖縄キャンプでも周囲の選手へ積極的に話しかけ、新しい監督、新しいチーム、新しい街、新しい挑戦に胸躍らせているようで、その姿勢はシーズンが始まっても揺らぐことはなかった。

  2019年シーズン、堅守速攻からポゼッションスタイルへと転換を図る真っ只中のチームは他を圧倒する戦力を持ちながら苦戦が続いた。チーム内外からスタイル変更への賛否が相次ぐなか、得点だけにこだわるのではなく、攻撃全体にバランスとアクセントをもたらそうとする玉田のプレースタイルに批判が集まることもあった。それでも玉田のサッカー観に揺らぎはなく、周囲との対話も諦めはしなかった。


「たくさん話はしていますよ。人間って簡単に変わるもんじゃないけど、それでも言い続けることで、その選手の頭の片隅にでも残れば良いと思う。それで、チームが向上すればもっと良いことだしね。それは続けていきたい。言いたいことは言って、言われた選手が俺にも言う、そうやって言い合うことが大事だと思うんで。そういうのはウザいなって思われるくらいに言っていきたい(笑)」


「サッカーはひとりでやるもんじゃないから、誰かのプレーに共感したり、いろんなプレーを共有することが大事になる。今はそれが足りないなと思う。だから、これから先の戦いでは、お互いを知るっていうことを突き詰めたい。そこですね、こだわりたいのは」


 実に頑固な男である。その頑固さの根底にあったのも「楽」だった。


「楽しくサッカーしたいというのがあるんでね(笑)。勝つことは嬉しいけど、見ている人もやっている選手も楽しいと思えるサッカーで戦って、その上で勝利するのが俺のスタンスでもあるんで」 そんな思いを胸に、2019年シーズンは35試合・7得点、2020年シーズンは25試合・6得点と着実に得点を記録していく玉田だが、特に2020年シーズンは手がつけられなかった。自ら得点を挙げるだけでなく、抜群の反応と動き出しでチャンスを作り周囲の得点力をも引き出した。早さや強さは若い頃より衰えていても、研ぎ澄まされた得点感覚と攻撃センスは別格であり続けた。


「毎日上手くなりたいとか、成長したいと思ってやってきた。それで、今の自分と昔の自分を比べた時に、今の自分のほうが良い選手だと思える。きっと何日か後も同じことを言うと思いますよ」


 そう語る言葉に深く納得したものだ。そして、その姿勢は2021年シーズンになっても変らなかった。相次ぐ監督交代やチームスタイルの変更によって出場時間を失っていくなかでも、出場すれば必ず得点チャンスに絡み、トレーニングマッチやエリートリーグに出場すれば「やはりモノが違う」と記者席から声が挙がったものだ。


 来季の長崎加入が内定した笠柳翼(前橋育英高)は、練習参加した際に最も影響を受けた選手として真っ先に玉田の名を挙げたし、チームを率いる松田浩監督も「技術面で間違いなくリーダーだった」と、そのスキルに一目を置いていた。玉田の実力は決して落ちてはいなかったのだ。


それだけに現役引退には驚かされた。引退発表の前日はメディアへの練習公開がなされた日だったが、そこにはいつものようにひたむきにトレーニングをして、周囲やスタッフに気軽に声をかける、そんないつもの玉田がいた。


 聞けば背番号11にちなんで、11月11日11時11分の発表にこだわり、チーム内に伝えたのは練習公開日の朝だったらしい。まさにサポーターもメディアも見事に意表を突かれた格好だが、自分の引退発表まで楽しむ材料に変えてしまうあたりが、玉田らしいというべきか。


「サッカーって俺は楽しいもんだと思う」


 以前、玉田はそう語っていた。それからピッチに立ち続けていられる理由を「プレッシャーとかたくさんあるけれど、サッカーが好きだって思いがあるから」とも語っていた。


 来季からはピッチを離れることになったが、それはサッカーが嫌いになったからでも、サッカーが楽しくなくなったからとは思えない。きっと現役を続ける以外のサッカーとの向き合い方をする時期に来たと、玉田自身が判断しただけなのだ。


『楽』という漢字は「どんぐりをつけた楽器」を表わす象形文字で、本来は「音楽」を意味するという。日本代表でも、J1でも、長崎でも常に我々を楽しませてきた希代のストライカー玉田圭司。彼は現役としては残り少なくなった時間の中でピッチに立った時、その最後のプレーではどんな極上のメロディを奏でてくれるだろうか。そしてスパイクを脱いだ後はどうサッカーと向かい合っていくのだろうか。


 せめて我々は、最後の最後まで、玉田圭司を存分に堪能し、感謝し、そして楽しみながら、その答を待つとしよう。きっとそれこそが、『楽』が似合う玉田圭司への最後の手向けなのだから。


取材・文●藤原裕久(サッカーライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事