【J1採点&寸評】川崎2-0福岡|古巣戦の遠野がまたも貴重な仕事。福岡は組織的な守備で対抗するも…

【J1採点&寸評】川崎2-0福岡|古巣戦の遠野がまたも貴重な仕事。福岡は組織的な守備で対抗するも…

2022.5.14 ・ Jリーグ

シェアする

[J1第13節]川崎2-0福岡/5月14日/等々力陸上競技場

 

【川崎|採点】

スタメン)

GK

チョン・ソンリョン 6.5

DF

山根視来 6.5

谷口彰悟 6

車屋紳太郎 7

佐々木旭 6

MF

橘田健人 6.5

脇坂泰斗 6.5(90+3分OUT)

遠野大弥 7(80分OUT)[MAN OF THE MATCH]

FW

家長昭博 6.5(86分OUT)

マルシーニョ 6(80分OUT)

レアンドロ・ダミアン 6(80分OUT)

 

途中出場)

FW 宮城 天 ―(80分 IN)

FW 知念 慶 ―(80分IN)

MF ジョアン・シミッチ ―(80分IN)

FW 小林 悠 ―(86分 IN)

MF 小塚和季 ―(90+3分 IN)

 

監督)

鬼木 達 6


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 【川崎|寸評】

 前半はボールを持ちながら、なかなかゴールを奪えない展開が続いた。それでも後半はスローインからのプレーとCKを生かして4分間で2ゴール。ACLからの帰国後、2連勝を飾った。良い切り替えをできている様子。

 

 MOMは悩みながら中盤でリズムを作り、昨季に続いて古巣相手にゴールを決めた遠野を選出。最終ラインからの持ち上がりやスピードを生かした守備で貢献し、CKから追加点を奪った車屋の働きも素晴らしかった。また得意のプレースキックの精度も高く、果敢に味方を追い越した脇坂、毎度のことながら攻守に幅広く動いた橘田、“鬼キープ”を見せた家長、遠野のゴールをアシストした山根らも評価したい。チョン・ソンリョンは危険なパスミスがあったが、後半に奈良の至近距離からのヘッドをビッグセーブした。

 

 [J1第13節]川崎2-0福岡/5月14日/等々力陸上競技場

 

【福岡|採点】

スタメン)

GK

村上昌謙 5.5

DF

前嶋洋太 5.5

奈良竜樹 4.5

ドウグラス・グローリ 5.5

志知孝明 5.5

MF

ジョルディ・クルークス 5.5(71分OUT)

中村 駿 5.5(86分OUT)

前 寛之 5.5

田邉草民 5.5(71分OUT)

FW

フアンマ・デルガド 5(HT OUT)

山岸祐也 5.5(86分OUT)

 

途中出場)

FW ルキアン 5(HT IN)

MF 田中達也 5.5(71分 IN)

FW 金森健志 5.5(71分IN)

DF 湯澤聖人 ―(86分 IN)

MF 北島祐二 ―(86分 IN)

 

監督)

長谷部茂利 5


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 【福岡|寸評】

 組織的な守備で前半はスコアレスドローで折り返す。ただ後半の立ち上がりで2失点。「多くの場面で上回られました。攻撃面を出そうとしましたが、上手くいかなかった場面が多かったです」と長谷部監督が振り返ったように、王者相手に攻守でさらなる進化を目指すための課題が出た印象。

 

 古巣戦となった奈良は力強いディフェンスを見せた一方、1失点目のシーンではボールを持った山根に対してシュートを警戒して前に出たが、後ろにスルーパスを通され、2失点目は車屋に目の前で決められた。その後の決定機をモノにしていれば……。また前線で起点になりたかったフアンマは前半のみで交代。彼に代わったルキアンも何度か仕掛けたが、川崎の守備網を破るには至らなかった。チーム全体の組織的な動きは評価したいところだが……。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画