G大阪、今季初の連勝! セットプレーからダワンが値千金の決勝点! 1-0で柏を下す

G大阪、今季初の連勝! セットプレーからダワンが値千金の決勝点! 1-0で柏を下す

2022.5.14 ・ Jリーグ

シェアする

 Jリーグは5月14日、J1第13節の8試合を開催。三協フロンテア柏スタジアムでは柏レイソル対ガンバ大阪の一戦が行なわれ、1-0でアウェーの後者が勝利した。


 両チームのメンバーは以下のとおり。


柏/ホーム 監督:ネルシーニョ

スタメン)

GK:18キム・スンギュ DF:25大南拓磨、3高橋祐治、44上島拓巳、4古賀太陽、2三丸拡 MF:10マテウス・サヴィオ、6椎橋慧也、28戸嶋祥郎 FW:19細谷真大、14小屋松知哉

サブ)

GK:21佐々木雅士 DF:32田中隼人 MF:23岩下航、30加藤匠人、8中村慶太 FW:38升掛友護、39森海渡


G大阪/アウェー 監督:片野坂知宏

スタメン)

GK:22一森純 DF:3昌子源、20クォン・ギョンウォン、24黒川圭介、26柳澤亘 MF:17奥野耕平、23ダワン、41中村仁郎、48石毛秀樹 FW:9レアンドロ・ペレイラ、37山見大登

サブ)

GK:25石川慧 DF:16佐藤瑶大、4藤春廣輝、43桒原陸人、5三浦弦太 MF:11ウェリントン・シウバ FW:42南野遥海


 前半はともに得点を奪えず。シュート数ではG大阪の3本に対し、柏はその4倍の12本を放ったが、敵GKの好守などもあり、ネットを揺らすことはできなかった。G大阪はボールポゼッションの優位性を、思うようにフィニッシュにつなげられず攻めあぐねた印象だ。


 せめぎ合う展開は後半に入っても続き、お互いに果敢に攻撃を繰り出しては、守備陣は高い集中力で簡単にゴールを割らせない。

  そして72分、ついに均衡が崩れる。スコアボードを動かしたのはG大阪。右CKの流れから、ゴール前の混戦で最後はダワンが右足シュートをねじ込んだ。


 この1点を最後まで守り切ったG大阪が敵地で貴重な勝点3を掴む。前節は神戸に勝利しており、これで今季初の連勝を達成。敗れた柏は3試合ぶりの黒星となった。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画