ACLの「秋春制」導入でJリーグの移行も本格化するのか? “障壁だらけ”なのは日本と他国で大きく異なるスポーツの捉え方にある

ACLの「秋春制」導入でJリーグの移行も本格化するのか? “障壁だらけ”なのは日本と他国で大きく異なるスポーツの捉え方にある

2022.8.6 ・ Jリーグ

シェアする

 アジアサッカー連盟(AFC)は8月1日、2023年よりアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が完全な「秋春制」へ移行することを発表した。この変更は「春秋制」採用のJリーグにとってどんな影響があるのか、またJの秋春制移行は本格化するのか。スポーツライター加部究氏の見解は?


――◆――◆――

 

 2023年からACLが秋春制に移行することになった。

 

 当然Jクラブへの影響は小さくない。9月に始まるグループリーグ(GL)が12月まで行なわれ、ラウンド16が2月中旬から下旬、準々決勝が3月の開催になる。ワールドカップが冬に開催される今年は、11月の第1週にJ1が終わるが、例年通りならJクラブは12月と2月にACLの重要な試合を迎えることになり、オフの確保もコンディション調整も難しい。

 

 ベスト8を懸けた一戦は、W杯の日本代表と同様に成否の分水嶺と見ることもできるが、この大切な試合には新体制で臨まなければならない。もし準備不足が露呈して劣勢が顕著になれば、春秋制への異議が再燃する可能性もある。

  ただし、これまで何度も議論が繰り返されながら実現に至っていないように「秋春制」への移行は障壁だらけだ。何より英国で生まれたサッカーは、暑い時期を避けて行なう競技として世界に広まった。ところが学校単位の部活が軸を成す日本では、競技の特性を問わず夏休みに最も集中的に活動する習慣が根づいている。欧米の夏休みは文字通りバケーションに充てられるが、日本では勉強だけが休みになり、逆にスポーツは書き入れ時になってしまったわけだ。


 そもそもスポーツの捉え方からして、日本と他国では大きく乖離している。欧州を初め、世界では「楽しむ」ことを原点として浸透したスポーツを、日本では教育のツールとして活用してきた。欧州ではスポーツをわざわざ苦行に変える必要はないから、夏は心身の休養に充てる。


 ふたたび涼しくなってプレーに適した時期になり、やる気が満ちてきた頃に選手たちはピッチへ戻り、その頃に学校も始まる。オンとオフのメリハリがなければ、新しい技術も身につかない。また楽しいことを優先するから、得意なプレーを自覚主張し、伸びしろを残して武器を磨き上げていく。つまり根底に流れるのは合理性で、だからこそサッカーも最も質の高いプレーを引き出せて、ファンも満喫できる時期に行なわれている。


 しかし日本の場合は真逆だ。欧州や南米などではスポーツを指導するのは「コーチ」だが、日本では多くの現場で指導者は「先生」になる。「コーチ」は選手が目ざす所へ導く手助けをする存在だが、日本の「先生」は道標であり、明白な上下関係が成立するので生徒は黙従が常態化してきた。


 そして勤勉を美徳とする先生たちは、3年間休まず鍛え上げ、練習量で上回ることこそが勝利への道だと信じ貫いてきた。こうしてプロが誕生しても、疑うことなく真夏のナイトマッチが定着した。

  夏にしっかりとリフレッシュできるかどうかで、身体の成長には大きな違いが出る。それを知りながら、日本サッカー協会(JFA)は依然として夏場に多種多様な大会を詰め込んでいる。8月上旬の日中は体温を超える酷暑に見舞われることもあるのに、インターハイ(全国高校総体)を勝ち抜くには、中1日で6連戦をこなさなければならない。ありがたい大会だという声をほとんど聞いたことがないが、それでもこうして世界が失笑する大会を放置している。


 では夏に疲弊しながら活動している選手たちは、どうやって秋から春にかけて強度の高いプレーを続けるトップレベルに近づいていくのだろうか。高体連で常識外れの苦難を乗り越えてきた選手たちは、総じて「あの体験があったから今がある」と口にする。しかし日本人だけが「しごきに耐えると強くなる」という発言を裏づける根拠はどこにも存在しない。


 サッカーは欧州を中心に回っており、それが変わる日が来るとも思えない。だから欧州と足並みの揃わないシーズンを採択していると、不利益を被るのは選手たちになる。

  Jリーグから夏場に欧州へ移籍すれば、オフなしでキャンプに突入する。代表戦での移動も合わせれば、コンディション維持の難易度はチームメイトのライバルたちの比ではない。また欧州は欧州の都合で、シーズンが佳境に入る春先には代表戦を避けるし、逆にJリーグの終盤にかけては毎月組み込んで来る。今では日本代表もほぼ欧州組になったわけだが、もしJ1の上位争いを繰り広げる主力が代表入りすれば、この3か月間は代表戦、国内カップ戦、さらにはACLのGLと負荷の高い試合ばかりが目白押しになる。


 しかし、それでもACLのシーズン移行程度では、Jリーグの変革を促す理由としては脆弱だろう。実際、Jリーグ内で直接被害を受けるチームは限定的で、クラブ・ワールドカップの開催も4年に1度の構想に変わっており、アジアを制す価値も揺らぎつつある。過去にJFAは、冬にW杯が開催される今年から「秋春制」への移行を提案した。だが圧倒的な数の論理で否定されている。


 いつかは温暖化などの理由で「秋春制」への移行を迫られる時が来るのかもしれない。現代の戦術的な変化を考えても、夏の開催や活動は「強化」「興行」の両側面からデメリットは少なくない。だが変革には「出来る」「やり遂げる」ことを前提にして、強烈なタクトを揮うリーダーが要る。残念ながら、そういう牽引車が唐突に現れるとは思えない。


文●加部究(スポーツライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事