「もはやバケモン」ベガルタ中山仁斗の高速“上半身だけヘディング”に驚きの声!「やっぱ異次元なんだよね」

「もはやバケモン」ベガルタ中山仁斗の高速“上半身だけヘディング”に驚きの声!「やっぱ異次元なんだよね」

2022.9.22 ・ Jリーグ

シェアする

 エースストライカーの驚異の身体能力に驚きの声が上がっている。


 J2ベガルタ仙台は9月21日、公式ツイッターを更新。FW中山仁斗が、練習で座った状態でヘディングする動画を公開した。


「上半身だけのヘディングとは思えない、中山仁斗選手のボールスピード。キャッチしていた蜂須賀孝治選手も、思わず笑ってしまうほど」と綴り、動画をアップロード。中山が腹筋運動の“クランチ”から次々に強烈なヘディングを放っている。受け手の蜂須賀は上体をそらしながら何とかキャッチし、とりこぼす姿も見られる。

  この投稿に、「すげえ…」「腹筋の強さに注意やな」「やっぱ異次元なんだよね」「このボールスピード、見えないけど広背筋と腹直筋が凄そうだ」「これはスゴイ!!」「やったことある人ならこのやばさが尚更分かる」「もはやバケモンで草」「ちょ、超人」「エグい」などの声が上がった。


 また、“受け手”だった蜂須賀は「これは本当にすごい。ここに一本でも多く良いクロスが上げられるように」、中山本人は「是非ハムストリングスのメニューも見てほしい笑」と反応した。


 今季は怪我で2か月以上離脱しながらも、ここまで22試合に出場し得点ランキング3位となる14ゴールをマークしている中山。J1昇格プレーオフ圏内の5位につけている仙台の1年でのJ1復帰を目ざし、ラスト5戦に臨む。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事