【Jリーグ】トライアウトで垣間見えた"ベテランの価値と矜持"

【Jリーグ】トライアウトで垣間見えた"ベテランの価値と矜持"

2015.12.12 ・ Jリーグ

シェアする

 12月8日から2日間、JPFA(日本プロサッカー選手会)トライアウトが、フクダ電子アリーナで開催された。所属クラブを契約満了となった選手に移籍の機会を創出すべく、02年からスタートした試みだ。


 参加選手は2日間合わせて90名。最年長はMF斉藤大介(徳島)の35歳3か月8日、最年少はFW山本祥輝(富山)の21歳21日である。7対7のミニゲーム、11対11の試合(30分)を行ない、国内外のチーム関係者が選手たちのプレーに目を光らせた。


 視察に訪れた監督や強化担当の思惑はそれぞれだ。

「主な目的は左SBの補強ですね。良い選手がおらんかなと思って来ましたよ」(讃岐・北野誠監督)

「若手のGKがひとり欲しい」(東京V・竹本一彦ゼネラルマネジャー)

「最重要の補強ポイントはボランチかな。条件は戦える選手であること。可能であれば経験のある選手もひとり獲得したい」(鳥取・岡野雅行ゼネラルマネジャー)


 といった具体的なものから、来季からJFLに昇格する浦安の都並敏史テクニカルディレクターは「カテゴリーが上がり、チームをひと回り大きくしなければいけない。浦安のスタイルに合致し、かつ献身的にプレーできる選手を求めています。地域との関係性を深めつつあるクラブですので人間性も重視です」と比較的手広く構えていた。


 選手の移籍をサポートするエージェントの糀正勝は言う。

「クラブ側の見る目はなかなかシビアですね。経営に余裕のあるクラブはそう多くないですから。J3まで拡大し、受け皿が広がった一方、選手の待遇の格差は広がっているとも言えます」


 そうした状況を踏まえ、近頃は海外に活路を求める選手が増えてきた。新潟や水戸でプレーし、アンダーカテゴリーの代表経験もある木暮郁哉は昨年のトライアウトを経て、アルビレックス新潟シンガポールに移籍。リーグMVPを獲得する大活躍で、ステップアップとなる移籍が確実視されている。


 木暮を獲得した新潟Sのチェアマンを務める是永大輔はこう語る。

「うちで活躍できれば、他クラブからさらに好条件のオファーが届く。アジアに広く日本人選手を送り出すのが私たちの役割です。速い、強い、抜群に巧いなど、わかり易い特長を持った選手のほうが有利ですね。提示する条件についても、生活環境などを考慮すればそう悪いものではないはずですよ」


 なお、新潟Sは12月18日(大阪)、20日(新潟)、21日(東京)でセレクションを実施する。詳細はオフィシャルサイトまで。


 トライアウトの場でつくづく感じるのは、プロで長くメシを食ってきたベテランが放つ存在感である。彼らは限られた時間で自分の見せ方を知っている。評価されるプレーの肝を心得ている。もちろん弱点はあるのだが、要所でプレーの強度を高めるなど緩急のつけ方が絶妙で、それを感じさせない。


 参加選手のなかで最年長の斉藤は、次のようにトライアウトを振り返った。

「トライアウトの参加は即決です。強化担当の方から来季の契約はないと告げられたその場で申し込み用紙をお願いし、すぐに提出しました。なによりも自分から行動を起こすことが大事。後で出ればよかったと後悔したくないですからね。自分を必要としてくれるなら国内外を問いません。現役を続ける道を簡単にはあきらめたくない」 斉藤が「今日は同じチームに良いムードメーカーがいて助かりました」と名指ししたのが、村上和弘(仙台)だ。2006年以来、2度目の参加となる村上は若い選手に積極的に声をかけ、即席チームを盛り立てた。


「チームが結果を出すことで個人が評価されるというのが自分のポリシー。その点、30分2本出て、1勝1敗だったのはちょっと悔しい。『これが仙台の村上だ』というのはある程度表現できたし、やれることはやり切りました。一緒にやったほかの選手たちにも道が拓けたらいいなと思います」


 トライアウトを終えた村上は、天皇杯を残す仙台の練習に再合流する。「僕は仙台に2度もお世話になりながらなにも残せていないんです。あと3つ勝ってタイトルを置き土産にできればカッコいいじゃないですか」と朗らかに笑い去って行った。


 斉藤、村上はともにクラブから指導者のオファーを受けたが、現役続行にこだわった。彼らと同様、ピッチに立ち続けることに執念を燃やすベテランがもうひとりいる。塩沢勝吾(松本)、33歳。近年の松本の躍進を支えた地元のヒーローだ。


「自分の力は全部出し切りました。アピールしたかったのはヘディングの強さと得点力。結果として1点取れて良よかったです。自分でもびっくりするくらいきれいに決まりましたね。苦しいリハビリを乗り越えたばかりですし、ボロボロになるまでやりたい」


 松本のフロントは塩沢の功績に報いるために引退試合を企画し、最後の晴れ舞台まで用意していた。塩沢はかねてより、セカンドキャリアは教職と決めており、生活に憂いなく教員採用試験に臨めるように、引退試合の収益を特別手当てとする計画だった。


 塩沢はスペシャルな計らいに対して深々と頭を下げつつ、これを豪快に蹴っ飛ばしたのだ。彼の気質をよく知る柴田峡コーチは苦笑する。


「功労者を送り出すために心を砕いた連中は頭を抱えていましたよ。まあ、本人がやりたいって言うんだから応援するしかないよね。サッカーと向き合う真面目さ、愚直さは誰にも負けないでしょう。あとは空中戦の強さ。これはやはり抜群です」


 トライアウトが終了した直後の塩沢の振る舞いが印象に残る。塩沢は流れる汗をぬぐいながらチームメイトと握手し、審判団にも率先して歩み寄って握手。ピッチに一礼して去った。すると他の選手もならい、レフェリーと手を握り合っていった。


 彼が不在だった次のゲームではどうだったか。試合後、三々五々に散り、レフェリーに接触しようとする選手は誰ひとりとしていなかった。キャリアの瀬戸際で決まった鮮やかなゴールに加え、そういった所作すべてに塩沢という選手の価値が示されているように見えた。


取材・文:海江田哲朗(フリーライター)トライアウト参加選手一覧

■GK

三浦龍輝(柏)

北 一真(群馬)

花田 力(盛岡)

三宅貴憲(秋田)

西村弘司(名古屋)

太田岳志(岐阜)

笠川永太(福岡)

森田耕一郎(山口)

奥田達朗(鳥栖)

福留健吾(水戸)

村井泰希(横浜FC)

田中賢治(FC琉球)

■DF

中村英之(山形)

薗田 淳(札幌)

有薗真吾(群馬)

伊藤槙人(千葉)

森本良(横浜FC)

代田敦資(長崎)

川里光太郎(FC琉球)

西田 翼(FC琉球)

村上和弘(仙台)

佐藤和樹(名古屋)

小柳達司(群馬)

キローラン木鈴(東京V)

関田寛士(岐阜)

深谷友基(岐阜)

野口遼太(讃岐)

代 健司(愛媛)

浅田大樹(FC琉球)

舩津徹也(山形)

久富良輔(群馬)

田代真一(千葉)

宮本 亨(北九州)

岡田祐政(盛岡)

石川雅博 (盛岡)

飯山悠吾(盛岡)

木村勝太(盛岡)

初田真也(秋田)

南部健造(富山)

川邊裕紀(FC琉球)

柴村直弥(無所属)

■MF

松本 翔(横浜)

鮫島晃太(広島)

太田圭輔(岐阜)

幡野貴紀(岡山)

衛藤 裕(徳島)

村上 巧(愛媛)

牛之濱拓(福岡)

向 慎一(長野)

柿木亮介(鳥取)

岩渕良太(松本)

小野寺達也(栃木)

田森大己(京都)

千明聖典(岡山)

関原凌河(讃岐)

堀河俊大(讃岐)

斉藤大介(徳島)

三好洋央(秋田)

小石哲也(鳥取)

日高慶太(山形)

宮下周歩(松本)

和田達也(松本)

小谷野顕治(水戸)

田中佑昌(千葉)

野崎陽介(横浜FC)

太田圭輔(岐阜)

山之内優貴(北九州)

松本圭介(盛岡)

牧内慶太(秋田)

鈴木健児(秋田)

三幸秀稔(無所属)

■FW

中島裕希(山形)

萬代宏樹(山形)

塩沢勝吾(松本)

青木翔大(横浜FC)

呉大陸(岡山)

大塚翔平(北九州)

盛礼良レオナルド(秋田)

中島康平(町田)

山本祥輝(富山)

中村亮太(松本)

田中智大(岐阜)

柿本健太(秋田)

平井晋太郎(秋田)

村松知輝(富山)

樋口寛規(清水)

西川優大(栃木)

野崎桂太(群馬)

松尾 篤(長崎)

パブロ・ヤン・フェレイラ(熊本)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事