中村憲剛が「イニエスタみたい」と評する背番号10。大島僚太は歴史を変えるキーマンになれるか

中村憲剛が「イニエスタみたい」と評する背番号10。大島僚太は歴史を変えるキーマンになれるか

2016.6.26 ・ Jリーグ

シェアする

 今年1月、リオ五輪アジア最終予選を戦い抜き、優勝して出場権を獲得して帰国した後、大島僚太はその体験をこんな風に振り返っていた。


「自分はあの瞬間にピッチに立ってなかったですけど、優勝カップを掲げた時の嬉しかった気持ちはありました。これをフロンターレでも掲げたいと思いますね」


 クラブに戻ると、日本人として初めて背番号10番をつける選手としてシーズンがスタートした。周囲からの大きな期待をよそに、本人は背伸びせず、あくまで等身大だった。


「10番をつけるので頑張らないといけないと思ってます。でも自分はジュニーニョでもないし、レナトでもないですから。できることに全力を尽くそうと思ってます。基本的に気負わないですし、気にしない性格で申し訳ないという思いもありますけど、自分には期待しています」

 

 パスセンスと視野の広さを兼ね備えており、中村憲剛と2ボランチを組む期間が長かっため、周囲からはパサーだと思われている。しかし大島僚太の真骨頂は違うところにある。

 

 彼の真髄は、小柄な体格を駆使したそのステップワークだ。狭いエリアで人数をかけてボールを奪おうとしてくる相手に、身体をぶつけられることなく簡単にかいくぐる。その絶妙なトラップと、ステップワークを評して、中村が「取られそうで取られない。イニエスタみたい」と評していたほどである。

 

 今季は中村がトップ下でプレーする機会が増えたことで、中盤でゲームを仕切る仕事も求められるようになった。そして優勝のかかる一戦として迎えた16節・福岡戦は、大黒柱の中村憲剛が不在。前半に2点のビハインドを負った逆境で輝きを見せたのが、他でもない背番号10番の若武者だった。

 

「逆にこれをひっくり返したいと強く思いました。そのために、どう崩すか。自分たちがどれだけできるかを試されていると思いましたね」

 

 その言葉通り、彼は中盤を牽引した。前半には追撃弾となる小林悠への絶妙なアシストを記録し、後半には味方のシュートのこぼれ球に素早く反応し、同点弾となるPKを獲得している。ゲームを作りながら前線の攻撃に絡んでいく時の推進力と、守備に切り替わった時の球際の強さ。攻守両面で圧巻のプレーを見せ続けた。 そして迎えた最終節の大宮戦。

「相手がポジションを崩さずにブロックを敷いていたので、無理に出て行かないようにしていた」と振り返っていたように、先制後は、チームのバランスを考えながら攻撃のタクトを振るっていた。

 

 目を引いたのは、むしろ守備の局面だ。この試合の大島は、ボールを失うと、素早い切り替えとアプローチで相手から奪い切り、ピンチの芽を潰し続けた。後半にはゴール前でシュートを打たれた局面で、背中から飛び込むという身体を投げ出した決死のブロックも敢行している。


 巧いだけでない。泥臭いプレーも厭わず、チームのためにピッチを駆けずり回って戦う選手に彼は変わりつつある。

 

 第1ステージ優勝は叶わなかった。ただ中村がチームの成長について、こんな感触を口にしている。

 

「自分や嘉人がガーガー言ってたチームだったのが、若手から中堅が大人に変わってきて、すごく頼もしくなった。彼らの成長が、そのまま今シーズンの成長につながっていると思う」

 

 その成長の中心にいたのは、紛れもなく大島だ。シーズンはまだ続き、夏にはリオ五輪もある。10番を背負っている大島僚太が、さらなる経験を積みたくましさを身につけたとき、先人たちが届かなかった初タイトルも必ず掴めるはずである。

 

取材・文:いしかわごう(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画