【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ

【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ

2016.12.19 ・ Jリーグ

シェアする

[クラブW杯決勝]レアル・マドリー4-2鹿島アントラーズ/2016年12月18日/横浜国際総合競技場


 クラブ・ワールドカップの決勝で、アントラーズはレアル・マドリーを相手によく戦ったね。結果的に2-4と延長戦で力尽きた感じはあったけど、90分間では2-2のドロー。先制されながらも前半終了間際に1点を返し、後半の序盤には2-1でリードする時間帯もあった。勝つ可能性もあった試合だったという点で評価できるよ。

 

 もちろん、アントラーズが好勝負を演じられたのは、R・マドリーのコンディションに問題があったからという面はある。クリスチアーノ・ロナウドの動きは明らかに重かったし、他の選手にもキレがなかった。ヨーロッパからの長距離移動や連戦の疲労が響いたのだろう。欧州王者の迫力は、まるで感じなかったよ。

 

 そんなR・マドリーに対して、アントラーズは自分たちがやるべきことをやっていた。手堅い守りから少ないチャンスをものにしていく戦い方だ。しかも、強豪を相手にしてアドレナリンが出ていたから、いつも以上のパフォーマンスを見せていた、柴崎の2ゴールなんて、その典型だよね。

 

 土居のクロスをトラップしてボレーで突き刺した1点目も、ドリブルで相手をかわしてから放った2点目のミドルも、なかなかJリーグではお目にかかれないプレーだった。相手がR・マドリーという強豪だったから、いつも以上の力が出たんだ。

 

 ヨーロッパ移籍を狙っている柴崎としては、良いアピールになったよ。ただ一方で、この試合で見せたようなプレーを、コンスタントに披露できていないのが彼の課題だろうね。 柴崎は、要所で今回のR・マドリー戦のような際立ったプレーを見せてきた。例えば、エスパルスを破った2012年のナビスコカップ決勝。あの試合でも果敢な飛び出しでゴールを奪った。それに、2015年アジアカップの準々決勝・UAE戦。この試合は最終的にPK戦で負けたけど、柴崎は同点に追いつく鮮烈なミドルシュートを決めている。

 

 翻って、普段のリーグ戦ではどうだろう。少なくとも今シーズンは、先に挙げた試合のようなインパクトのある活躍をしたとは言えないよね。だから、日本代表からも外れている。


 柴崎はプレーが安定していると言われているけど、実際はもっとできる選手なんだ。今回のR・マドリー戦は、それが証明された試合だとも言えるよ。

 

 普段以上の力が出たという意味では、チームとしてのパフォーマンスにも同じことが言える。アントラーズの守備の集中力は、本当に素晴らしかった。


 昌子の1対1やクロス対応、永木のカバーリング、それにFWのプレスも献身的だった。それだけに、90分間で全力を出し切って、延長戦にパワーが残っていなかったんだ。

 

 R・マドリーが延長に入ってもパフォーマンスが極端に落ちなかったのに対して、アントラーズは足が止まってしまった。なんとか選手交代でテコ入れしようとしたけど、交代選手が上手く機能したとは言い難い。選手層の薄さが響いてしまったよね。

 

 アントラーズは間違いなく健闘した。勝つチャンスも十分にあった。ただ、プロは結果の世界。結果は2-4の敗戦という事実を、しっかり受け止めることが大事だよ。 冷静に試合を振り返れば分かるけど、この試合で輝いていたのは柴崎だけじゃない。GK曽ケ端の度重なるファインセーブがあったから、好勝負に持ち込めたんだ。


 曽ケ端は準決勝のアトレティコ・ナシオナル戦でも、準々決勝のマメロディ・サンダウンズ戦でも大活躍していた。あれくらいGKが目立ったから今大会で好成績を収められたことを忘れてはいけないよ。

 

 アントラーズは今大会で世界にアピールできたけど、宿題も与えられたよね。それは、クラブ・ワールドカップでの好成績がフロックでなかったと、来シーズンの成績で証明することだ。


 近年、Jクラブ勢はACLで結果を残せていない。ガンバが優勝した2008年大会を最後に決勝にすら進めない状態が続いているんだ。これは由々しき事態だよ。

 

 仮に来シーズンのACLでアントラーズがポロッと負けでもしたら、今回の準優勝がなんだということになってしまう。「一発勝負で運に恵まれた」と言われることになるんだ。それは、アントラーズにとっても不本意だろう。


 R・マドリーに善戦した事実を思い出で終わらせないためにも、来季のACLは好成績を残してほしい。目標は、もちろん優勝。アジア王者としてUAEで開催されるクラブ・ワールドカップに出場してほしいよね。

 

 幸いアントラーズは、来シーズンを見据えて積極的に補強に動いているようだ。すでに、アルビレックスのレオ・シルバ、ヴィッセルのペドロ・ジュニオールの加入が濃厚なようだし、他にも即戦力を獲得するという噂を聞いている。


 さらに、クラブ・ワールドカップで得た賞金を利用してビッグネームが獲れれば面白いね。ワールドクラスの選手を獲得している中国勢のような補強は難しいだろうけど、アッと驚くようなタレントの補強を期待しているよ。 最後に少し、レフェリーについても触れておこう。みんなも感じているだろうけど、決勝の89分のセルヒオ・ラモスに対する判定は、明らかに違和感があった。カウンターに移ろうとした金崎を、ファウルで止めたプレーに対する判定のことだ。

 

 多くの人たちが感じたと思うけど、あのプレーは警告を出されてもおかしくないものだったと僕も思っている。でも、主審はカードを出さず、今大会から導入されたビデオ判定も使われなかった。不思議なものだよね。あのプレーに対して、主審だけでなく、ビデオ判定をするひとたちも警告に相当すると思わなかったんだ。

 

 セルヒオ・ラモスのプレーに対して主審は笛を吹き、胸ポケットに手を持って行った。あの動作を見る限り、カードを出そうとしたのだと思う。でも結局、口頭での注意だけだった。セルヒオ・ラモスはすでに警告を受けていたから、次にカードをもらえば退場という状況。だから、アントラーズの選手たちは執拗に抗議していたんだ。

 

 そんな大事な場面なのに、ビデオ判定を使わないのはなぜなんだろう。準決勝ではビデオ判定でアントラーズにPKが与えられ、そのPKによるゴールが試合の行方を大きく左右した。でも、決勝では退場かもしれない重要な場面で、なんのアクションもなかったんだ。

 

 ビデオ判定のシステムについて詳しくは知らないから、もしかしたら主審とビデオ判定をするひととの間では、なんらかのやり取りがあったのかもしれない。でも、選手や観客にその説明がなければ、なんのアクションもなかったと思われても仕方ないよね。


 ある場面ではビデオ判定を使う、ある場面では使わない、では不公平。選手や監督はもちろん、ファン・サポーターから不満が出てもおかしくないよ。

 

 今大会の結果だけを見れば、ビデオ判定の制度には疑問を持たざるを得ない。最新技術の導入は、ゴールラインを越えたかどうかを判別するシステムだけでいいのかもしれないね。


【クラブW杯決勝PHOTO】鹿島が大健闘も、マドリーが延長戦を制して世界一に!



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事