「JリーグのストライカーTOP10」を選出! 投票で1位に輝いたのは?

「JリーグのストライカーTOP10」を選出! 投票で1位に輝いたのは?

2017.1.12 ・ Jリーグ

シェアする

「JリーグのストライカーTOP10」の選出方法

・『サッカーダイジェスト』および『サッカーダイジェストWEB』の国内担当・10名による投票。

・10名は近年のパフォーマンスや成績を元に1~10位をそれぞれ選出

・1位が10ポイントで、以下の順位は1ポイントずつマイナス。ランキングはその集計。

 

 

■1位(79ポイント)

大久保嘉人

・所属クラブ:川崎フロンターレ→FC東京

・2016成績:J1=33試合・15得点・3アシスト、CS=1試合・0得点

 

 2016年シーズンはランク4位タイの15点に終わったが、2013年シーズンから史上初の3年連続でトップスコラーに輝き、通算171ゴールはJ1歴代最多。実績では他の追随を許さない。「俺によこせば決めてやる」という気概が半端なく、エリアや形を問わずにフィニッシュし、しかも高確率でゴールネットを揺らす。点を取るために心血を注ぐブレないストライカーは、新天地となるFC東京でも己の美学を貫くはずだ。

 

 

■2位(76ポイント)

レアンドロ

・所属クラブ:ヴィッセル神戸

・2016成績:J1=31試合・19得点・4アシスト、ルヴァン杯=5試合・2得点

 

 2016年は19ゴールを挙げ、ピーター・ウタカとともにJ1得点王に輝いた万能型の9番。柏レイソルやガンバ大阪時代を含めてコンスタントに結果を残せてきたのは、足元の技術や持って生まれた得点センスに加え、敵のデッドゾーンを見極めるたしかな戦術眼が備わっているから。点取り屋には珍しい利他的なメンタリティーは、ブラジルでは芽が出ずプロになったのは来日以降というキャリアゆえで、まさに「Jリーグのストライカー」だ。

 

 

■3位(48ポイント)

金崎夢生

・所属クラブ:鹿島アントラーズ

・2016成績:J1=30試合・10得点・7アシスト、CS=3試合・3得点、クラブW杯=4試合・2得点・1アシスト

 

 2016年はセカンドステージで不振に陥ったが、チャンピオンシップとクラブW杯で改めて勝負強さを見せつける。4-0からの一撃でも大喜びし、味方が得たPKを奪い取り、交代時に監督にも噛み付くなど、賛否はともかくその姿勢はまさに「ザ・ストライカー」で、ゴールへの執着心や貪欲さは群を抜いている。身体を張ったポストワークや力強いドリブルなど、フィニッシュ以外もハイクオリティーだ。■4位(42ポイント)

豊田陽平

・所属クラブ:サガン鳥栖

・2016成績:J1=33試合・13得点・2アシスト、ルヴァン杯=5試合・1得点

 

 日本では貴重なクラシカルなCF。2012年シーズンから4年連続で15ゴール超えを果たし、2016年も13得点とコンスタンに結果を残す。185センチの“高さ”という絶対的な武器に加え、ポジショニングが良く、エアバトルの強さは国内随一だ。両足ともにシュート精度が高いのも魅力で、鳥栖のJ1定着における最大の功労者と言っていいだろう。

 

 

■5位(37ポイント)

興梠慎三

・所属クラブ:浦和レッズ

・2016成績:J1=26試合・14得点・3アシスト、CS=2試合・1得点、ルヴァン杯=5試合・3得点、ACL=8試合・2得点

 

 嫌らしい動きで敵DFを惑わす「厄介なFW」。とりわけ最終ラインの裏を突くオフ・ザ・ボールの動きはピカイチだ。2016年もリオ五輪参戦で一時離脱しながらも、年間勝点1位の浦和でチーム得点王となった。ここぞという場面で決定力を発揮し、ポストプレーの確度も高い、「21世紀の日本人ストライカー」を代表する存在だ。

 

 

■6位(37ポイント)

鄭 大世

・所属クラブ:清水エスパルス

・2016成績:J2=37試合・26得点・10アシスト

 

 2016年のJ2で月間MVPに3度選出され、トップスコラーにも輝くなど大暴れ。経験を積んでプレーの幅が広がり、大胆さの中に繊細さも加わったが、「ファーストプライオリティーは常にシュート」という点取り屋らしい貪欲さは、微塵も衰えていない。J1にカテゴリーが上がる2017年にいかなる活躍を見せるのか、要注目だ。■7位(33ポイント)

佐藤寿人

・所属クラブ:サンフレッチェ広島→名古屋グランパス

・2016成績:J1=19試合・4得点・1アシスト、ルヴァン杯=2試合・0得点、ACL=2試合・0得点

 

 2016年シーズンはピーター・ウタカの後塵を拝したが、2009年から7年連続で二桁ゴールを挙げ、通算161得点はJ1歴代2位と実績は十二分。ゴールに心血を注ぐプライドの高いストライカーは、DFとの駆け引きで一瞬にしてフリーとなり、冷静極まりないワンタッチゴールで歓喜をもたらす。2017年は大久保や小林を開花させた風間八宏監督の下、名古屋で再起を期す。

 

 

■8位(29ポイント)  

クリスティアーノ

・所属クラブ:柏レイソル

・2016成績:J1=17試合・7得点・1アシスト(甲府)、17試合・9得点・6アシスト(柏)

 

 2016年シーズンは甲府と柏で計16ゴール(得点ランクの3位)を挙げたブラジリアン。第2ステージ5節のG大阪戦ではハットトリックを記録するなど、とりわけ柏移籍後に覚醒した。独力で局面を打開し、Jでも屈指の右足キャノン砲でゴールネットを揺らす。チャンスメーカーとして機能しながら、シュート意識も高い頼れるアタッカーだ。

 

 

■9位(28ポイント)

ピーター・ウタカ

・所属クラブ:サンフレッチェ広島

・2016成績:J1=33試合・19得点・8アシスト、ルヴァン杯=2試合・0得点、ACL=2試合・0得点

 

 いわゆる9番と10番の要素を高次元で備えたユーティリティーなアタッカーだ。2016年は入団1年目の広島で佐藤らを押し退けてエースに君臨し、得点ランク1位タイとの19ゴール、さらに8アシストを記録するなど奮迅のパフォーマンスを見せた。ナイジェリア人らしいフィジカルの強さに加え、狭いエリアを苦にしないしなやかなテクニックを備え、周囲と緻密な連動もできるJリーグでは希有なタイプだ。■10位(24ポイント) 

小林悠 

・所属クラブ:川崎フロンターレ

・2016成績:J1=32試合・15得点・9アシスト、ルヴァン杯=2試合・0得点

 

 駆け引きで裏を狙う職人気質のラインブレイクは、かつての柳沢敦を彷彿。無理な態勢からでもフィニッシュに持ち込むセンスもあり、2016年シーズンはシャドーが主戦場ながらも、自己最多で得点ランク4位タイの15ゴールを決めた。やや調子に波がある嫌いはあるが、昨季は7試合連続弾を達成するなどハマった時の得点力は見事だ。

 

■11位以下の選手

11位(16ポイント):鈴木優磨(鹿島)

12位(11ポイント):アデミウソン(G大阪)、ジェイ(元磐田)

14位(9ポイント):ペドロ・ジュニオール(神戸→鹿島)

15位(8ポイント):シモビッチ(名古屋)

16位(7ポイント):李忠成(浦和)、柿谷曜一朗(C大阪)、永井謙佑(名古屋→FC東京)、パトリック(G大阪)

20位(6ポイント):小川航基(磐田)

21位(4ポイント):都倉賢(札幌)

22位(3ポイント):イバ(横浜FC)、大槻周平(湘南→神戸)、武藤雄樹(浦和レッズ)、ラファエル・シルバ(新潟→浦和)

26位(2ポイント):江坂任(大宮)、川又堅碁(名古屋→磐田)、杉本健勇(C大阪)、田中順也(柏→神戸)

30位(1ポイント):大前元紀(清水→大宮)、鈴木武蔵(新潟)、永井龍(長崎→名古屋)、盛田剛平(元甲府)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事