佐藤寿人がロシアW杯を解説!強豪国の苦戦、新星の出現、VAR… 現役選手の視点で語り尽くす!!

佐藤寿人がロシアW杯を解説!強豪国の苦戦、新星の出現、VAR… 現役選手の視点で語り尽くす!!

2018.7.12 ・ Jリーグ

シェアする

 個人的なことを言うと、僕は大のイタリア好きなので、イタリアが出場していない今大会は例年より楽しみが少ないんです(笑)。まあそれは冗談として、やっぱりワールドカップはテレビで観ていても熱気がありますし、選手として勉強になりますね。

 

 今大会でまず感じたのは、各国の力の差がスコアに現われにくくなっているということ。例えばグループリーグではモロッコやイラン、コスタリカらの奮闘が光りました。ブラジル、スペイン、ポルトガルらと良い勝負をしましたからね。

 

 特にモロッコは攻守のバランスが取れた好チームで、新たな発見でした。得点源となる選手がいたわけではないのに、粘り強い守備と前への推進力を活かして善戦しました。

 

 これらの健闘した国に共通して言えたのは団結力があって、ただ守っているだけではなかったということ。それはベスト16に進出した日本の戦いにも通じるものがありました。スーパースターひとりを抱えるよりも11人が連係して、ひとつの組織として戦う。今大会は個より組織が目立つ傾向にありますね。

 

 2010年の南アフリカ大会でスペインが優勝し、一時はポゼッションサッカーがトレンドになりました。ボールを支配すれば、勝利の確率も高まるという考え方です。ただ昨今は相手にボールを持たせて、カウンターで結果を出すチームが増えてきている。今大会を境にその流れはさらに強まるかもしれません。

  また驚かされたのは世界王者ドイツのグループリーグ敗退です。勝負強さが自慢のチームだっただけに予想外でした。クラブと代表チームを単純比較できないですが、僕も広島でJリーグ王者になり、チャンピオンの苦労は少しは分かっているつもりです。だからドイツにも人知れない苦しみがあったんだと思います。

 

 頂点に立った後で、頭を悩ませるのは良好なサイクルを再び作る作業です。有能なタレントが揃っていたからこそ優勝できたわけで、どんなタイミングで新しい血を取り込むのか、判断は難しい。その点、ドイツはドラクスラーやキミッヒら下の世代と上手く融合していたはずなんですが……。

 

 2006年のドイツ大会で優勝したイタリアも4年後にはグループリーグで敗退しましたし、2010年の南アフリカ大会を制したスペインも同様の憂き目に遭いました。チーム、そして選手のピークを維持するのは難しいということです。クリスチアーノ・ロナウドみたいにずっとピークを迎えているような選手は特例中の特例なので。

 

 ちなみにここまでの試合で最も印象に残っているのはグループリーグ最終戦で行なわれたドイツと韓国の一戦です。ドイツは勝って決勝トーナメントへ、2連敗していた韓国は大会初勝利を目指していました。23時のキックオフで、次の日も練習があったので、前半だけ、もしくはドイツが先制したら寝ようと思っていたんです。でも前半が終わって0-0。「あれ? これはまさかな……」と、思っていたら、案の定、韓国が試合終盤に意地を見せてドイツを破った。

 

 逆にドイツは焦りから本来のプレーができなかった。終盤にはCBのフンメルスがオーバーラップしてクロスから決定機を迎えましたが、頭で上手く捉えられずに肩に当ててしまった。自分がフリーだと分かった瞬間に決められると思い、意識がゴールに向かいすぎて、ボールを最後まで見られなかったのでしょう。やっぱり普通の精神状態ではなかったはず。サッカーの怖さが凝縮されたゲームでしたね。

  また別の意味で衝撃的だったのはアルゼンチンとフランスの一戦です。ヒーローになったのは19歳ながらフランスの10番を背負っているエムバペです。彼のプレーはとにかく“速い”。一瞬でDFを置き去りにするスピードは一級品です。

 

 アルゼンチン戦では前半に高速ドリブルでPKを獲得し、後半に2ゴール。圧巻のパフォーマンスでした。特に1点目のゴールは驚異的。エリア内で正確にボールをコントロールしてDFをかわしたプレーは速くて巧く、コース自体は良くなかったのに、キーパーが準備する前に振りの早いシュートでしっかり脇下を狙いました。カウンターから決めた2点目もフリーランの質が高かったし、フィニッシュも落ち着いていました。

 

 所属するPSG(パリ・サンジェルマン)でも活躍していましたが、ワールドカップで結果を残したからこそ真のトッププレーヤーの仲間入りを果たせたと言えるのでしょう。

  一方で僕と同じストライカーたちは、苦戦した選手が多かったと感じます。もちろんイングランドのケインやベルギーのルカクらしっかり結果を残した選手はいますが、ポーランドのレバンドフスキ、ドイツのヴェルナー、ブラジルのジェズスらはクラブで見せているような決定力を発揮できず。

 

 特にレバンドフスキはチームの中に個性が埋もれてしまった印象です。その点では、攻撃側はストライカーをどう活かすのか、守備側は相手FWの個性をどう消すか、その対決は興味深かったです。

 

 守備戦術が緻密になっている昨今は、相手のエースストライカーだけでなく、パスの供給源を潰す守り方がスタンダードになっています。そのため周囲に活かしてもらうタイプのFWとしては生きにくい環境になっています。

 

 対して希少価値が高まっているのは、エムバペやクリスチアーノ・ロナウド、日本で言えば(宇佐美)貴史のような自ら仕掛け、独力で相手の守備網をこじ開けられるFWです。そういうタイプが今後も世界のサッカーを引っ張っていくのではないでしょうか。

  今大会では選手以上にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も注目されました。ゲームの結果に大きく関わるシステムで、賛否両論ありますが、個人的には継続的に運用してほしいです。

 

 これまではファウルを見逃されるシーンが多々ありましたが、その取り締まりには非常に効果的です。ジャッジが難しい場合、毎回、ゲームを止めてレフェリーが映像を確認するので、試合の流れが停滞するデメリットはありますが、そこは徐々に慣れていくと思います。

 

 大事なのは正しいジャッジで、試合が成立すること。どちらかと言えば、攻撃の選手のほうが恩恵を受けるシステムかもしれないですが、ブラジルとコスタリカの一戦では、ネイマールがエリア内で倒されてPKを獲得したのに、その後にVAR判定で取り消されました。こういう逆のパターンもあるだけに、審判を欺くエリア内でのダイビングの抑止力にもなるはずです。

 

 もっとも、特別なブースを設けて数人のレフェリーが映像を隈なくチェックする必要があるので、設備費や人件費は高くつきます。そう考えるとJリーグで導入するのは難しいはず。今後は世界が注目するワールドカップやチャンピオンズ・リーグの数試合など、限られたゲームで運用されるのが現実的でしょう。

  それと今大会はフェアプレーポイントという新たなルールが、日本のグループで適用されました。最終戦を終えて日本とセネガルは得失点、総得点、直接対決の成績でも並び、フェアプレーポイント(イエローカードやレッドカードの枚数などをポイント化したもの)の差で日本がグループを2位で通過しました。

 

 ただ、審判によってはカードの出し方は異なりますし、他の決め方はないのかなとも正直、感じています。しかし当該チームでPK戦を行なうのはスケジュール的に難しいですし……議論の余地はありそうです。

 

 また、このルールで騒動も起きました。ポーランドに負けていた日本が、他会場の結果に命運を委ね、自陣でのボール回しを徹底したことで批判されました。

 

 でも僕は間違った判断ではなかったと感じます。ワールドカップの試合を楽しみにしていた人には申し訳ないですが、勝負の世界では普通なこと。僕ら選手は決してショーをやっているわけではなく、勝負をしているわけです。ポーランド戦には敗れましたが、グループリーグ突破という“成果”を手にしたのだから、西野監督の決断は批判されるものではありません。

 

 さて最後になりましたが、僕はサッカー界に新風を吹き込んでもらいたいという意味で、大会前の優勝予想にベルギーを挙げました(編集部・注/ベルギーは準決勝で敗退)。もっともどの国が優勝しても、ロシア大会を境に新たなトレンドが生まれるはずです。次のカタール大会に向けてどのような流れができるのか楽しみです。


構成●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)


※『サッカーダイジェスト』7月26日号より転載。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事