F・トーレス、金崎でも決定力不足は解消されず…2戦連続無得点に鳥栖のイタリア人指揮官も嘆き節

F・トーレス、金崎でも決定力不足は解消されず…2戦連続無得点に鳥栖のイタリア人指揮官も嘆き節

2018.7.28 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ18節]鳥栖0-0磐田/7月28日(土)/ベアスタ 


 7月28日、J1リーグ18節が行なわれ、ベストアメニティスタジアムではサガン鳥栖とジュビロ磐田が対戦。互いに積極的に攻撃を仕掛けたが、スコアレスドローで試合を終えた。

 

 試合後、鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、「今回もいい試合をしたと思っています。ただ、上手くいっていないときは全てがうまくいかないほうに回ってしまうと感じています」と5試合連続未勝利のチーム状況を嘆いた。


 この磐田戦では移籍後初スタメンとなったフェルナンド・トーレス、24日に鹿島から電撃加入した金崎夢生を最前線で起用。リーグ最少得点という決定力不足に苦しむなかで、獲得したばかりの実力者に命運を託した。

  実際に前半からF・トーレスと金崎のコンビが機能し、ゴール前で多くの決定機を創出。55分にはF・トーレスがフィードを絶妙なトラップで収め、右足でループシュートを放った。これは磐田のGKカミンスキーに阻まれたが、67分にもビックチャンス。F・トーレスが右サイドに展開し、金崎がゴール前にグラウンダーのクロスを送る。触れば1点という形だったが、福田晃斗の足は僅かに届かなかった。


「後半は勝ちたい意欲が前面に出て、試合をオープンにして、4、5点を取るチャンスはあった。相手のGKを褒めないといけないところはあった」と指揮官も語り、少しの差でゴールが奪えなかったことを認めた。


 試合を通じて放ったシュートは11本、そのうち枠内を捉えたのは6本。現在チームはリーグ戦2試合連続無得点だが、確実にゴールの可能性は高まっている。元スペイン代表と元日本代表を今夏に補強した鳥栖が、次節の清水戦でこれまでの鬱憤を晴らすようなゴールラッシュを披露できるか注目だ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事