【J1展望】広島×長崎|ピースマッチの開催に城福監督が「我々の使命」を語る

【J1展望】広島×長崎|ピースマッチの開催に城福監督が「我々の使命」を語る

2018.8.10 ・ Jリーグ

シェアする

J1リーグ21節

サンフレッチェ広島 ― V・ファーレン長崎

8月11日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島

 

サンフレッチェ広島

今季成績(20節終了時):1位 勝点45 14勝3分3敗 33得点・15失点

 

【最新チーム事情】

●湘南戦、アディショナルタイムに失点し勝点2を失う。

●パトリック15得点目をゲットも後半のビッグチャンスでゴールならず。

●吉野が湘南戦で復帰。野上も戦線に戻ってきた。

●長崎とのピースマッチ開催【担当記者の視点】

 世界でふたつしかない被爆都市をホームタウンとする広島と長崎が激突するピースマッチの開催。平和を考えるための様々な催し物が行なわれるが、何よりも重要なのがメインコンテンツであるサッカーの内容だ。

 

 スポーツができる幸せとは、スポーツが平和のために何ができるかを証明して初めて言えること。長崎の高田社長は献花のために訪れた平和公園の慰霊碑の前で、スポーツにおけるリスペクトの重要性を訴えていた。広島の山本社長は就任以来何度も平和公園を訪れ、「平和とスポーツ」について思考を繰り返している。

 

 城福監督は「結果を求めつつも見ている方々が清々しい想いになれるような激しくてフェアプレーをお見せしないといけない。それが我々の使命である」と語った。平和とサッカーと。そういうことを深く考えるいい機会としたい。J1リーグ21節

サンフレッチェ広島 - V・ファーレン長崎

8月11日(土)/19:00/エディオンスタジアム広島

 

V・ファーレン長崎

今季成績(20節終了時):14位 勝点21 6勝3分11敗 24得点・31失点

 

【最新チーム事情】

●浦和戦はスコアレスドロー。リーグ再開後の5試合のうち無失点は2で、守備の改善をうかがわせる。

●トレーニングではコンディション調整に注力。疲労は思ったほど蓄積していない。

●フィニッシュの精度に課題があり、攻撃陣の奮起が期待される。【担当記者の視点】

 前々節の札幌戦では判断の甘さとミスから3失点を喫したが、前節の浦和戦では集中したプレーで守備を修正した。

 

 11節で広島と対戦した時はサイドで数的優位を作られて完敗。最近ではクロスの時に、マンツーマンでつくかマークを渡すのかが明確になっており、前回ほど自由にはやられないはずだ。

 

 課題は得点力だが、チャンスを作れているだけに、前線のファンマ、澤田、鈴木らの決定力が試合を左右するカギになると思われる。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事