【鹿島】「“点”じゃなくて“線”」鈴木優磨の決勝点をアシストした西大伍の確かなイメージ

【鹿島】「“点”じゃなくて“線”」鈴木優磨の決勝点をアシストした西大伍の確かなイメージ

2018.9.14 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ26節]鹿島 2-1 湘南/9月14日/カシマ

 

 劇的な決勝ゴールだった。1-1で迎えた90+1分、西大伍のクロスから鈴木優磨が豪快なヘディングシュートを突き刺してみせる。

 

「優磨が勢いを持って入ってくれるので。そういうふうになると上げやすいですね」

 

 鈴木の動き出しを見て、西は「だいたい、あのへんに、という感じですね」と右足でボールを放り込んだ。

 

 ただ、“だいたい”というアバウトな表現とは裏腹に、西には確かなイメージがあった。

 

「優磨が(ゴール前に)入っても、最近は止まっていることが多かったけど、ああやって後ろから入ってくれると、“点”じゃなくて“線”でこっちも合わせられる。上げた後にあっちが合わせるみたいな」

 

 49分には柔らかいクロスで土居聖真の先制点をお膳立てしている西は、今度は球足の長いボールを正確に供給し、勝点3を引き寄せるゴールを演出してみせた。

 

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事