【J1採点&寸評】清水2-0広島|1G1Aの北川と神セーブの六反を高く評価!広島のパトリックは良いところなし

【J1採点&寸評】清水2-0広島|1G1Aの北川と神セーブの六反を高く評価!広島のパトリックは良いところなし

2018.10.21 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ30節] 清水2-0広島/10月20日(土)/アイスタ

 

【チーム採点・寸評】

清水 6.5

広島のプレッシャーとパス回しによって思い通りの戦い方ができたわけではないが、限られたチャンスを決め、GK六反を中心にピンチを守り切って2-0。勝負強さが身についてきた。

 

【清水|採点・寸評】

GK

13 六反勇治 7

MAN OF THE MATCH

1点取られれば流れが変わりそうな中、4度のビッグセーブでチームを救い、ビルドアップ時も落ち着いた足技を披露。

 

DF

28 立田悠悟 5.5

対人の対応やマーキングが不安定で自分のサイドからチャンスを作られる場面が目立った。

 

3 ファン・ソッコ 6.5

立ち上がりからポジショニングやカバーリングが冴えて危ないところに対応。空中戦の強さも光った。

 4 フレイレ 6.5

空中戦でもクサビの対応でもパトリックに競り勝ち、終盤も多くのクロスが入った中で強さを発揮。

 

25 松原 后 6

ボールを持たれる時間が長く、攻撃で見せ場は少なかったが、守備では粘り強い対応を最後まで続けた。

 

MF

10 白崎凌兵 6

広島のプレッシャーが厳しかった中、前に出せる場面と無理をしない場面の判断が良く、危険なボールロストを減らした。

 

6 竹内 涼 6.5

中盤の危険なところをカバーしながら冷静に試合をコントロール。縁の下で完封勝利を支えた。

 30 金子翔太 5.5

守備では奮闘したが、攻撃ではボールタッチや動きにいつもの冴えがなく、58分のチャンスも決めきれず。

 

29 石毛秀樹 6.5(67分 OUT)

先制点をアシストし、2点目につながるスルーパスも見事。視野が広がり、パスでも進化を見せている。

 

FW

23 北川航也 7(81分 OUT)

1点目はシュートの精度が高く、2点目はDFを引きつけてアシスト。代表帰りで期待に応える素晴らしい働き。

 

20 クリスラン 6(37分 OUT)

立ち上がりから攻守にハードワークして気迫を見せたが、34分に右膝を痛めて負傷交代。

 交代出場

FW

9 鄭大世 6.5(37分 IN)

怪我から復帰して5か月ぶりの出場。前半は流れに乗れなかったが、ワンチャンスを生かして復帰弾を決めたのはさすが。

 

MF

17 河井陽介 6(67分 IN)

軽傷から2試合ぶりに復帰し、システム変更にも的確に対応しながらチーム全体の前への意識を高めた。

 

DF

32 水谷拓磨 -(81分 IN)

5-4-1の右ウイングバックとして入り、守備固めの役割が大きかったが、攻撃に絡む場面も見せた。

 

監督

ヤン・ヨンソン 6.5

ドウグラスを欠く中でも組織的守備は維持させ、直近3試合で1失点のみ。CKからの先制点はコーチ陣全体の功績。

 【チーム採点・寸評】

広島 5.5

1失点目はCKから虚を突かれ、2失点目はリスクマネジメントに問題が。主導権を握っても攻撃陣が決めきれなかったのが痛い。

 

【広島|採点・寸評】

GK

1 林 卓人 5.5

攻める時間が長くピンチは少なかったが、シュート4本で2失点はGKとしては悔しいところ。

 

DF

33 和田拓也 5.5

清水の武器である左からの攻撃は封じたが、カウンターは抑えきれず、攻撃でも大きな仕事はできなかった。

 

2 野上結貴 5.5

攻守に破綻のないプレーを続けていたが、大事なところで北川を抑えきれず、それが命取りに。

 4 水本裕貴 5.5

守備を統率しながら攻撃にも意欲を見せたが、2失点目は対応が後手になって鄭をフリーにしてしまった。

 

19 佐々木 翔 6

少しミスもあったが、乗せると恐い金子を封じながら攻撃にも絡み、代表の疲れを感じさせない働き。

 

MF

30 柴崎晃誠 6

右MFとして先発し、56分にボランチに下がってからは前への仕掛けが冴えて攻撃を活性化させた。

 

6 青山敏弘 6

代表帰りの疲労は感じさせず、前からの守備を意識しながらゲームメイクでも彼らしさを発揮した。

 15 稲垣 祥 5.5(56分 OUT)

守備では寄せの速さを見せたが、奪いきる場面は少なく、パスミスも少し目立って早い時間に交代。

 

36 川辺 駿 5.5

8試合ぶりに先発し、初めは慣れない左サイドで苦戦したが、徐々に力を発揮して後半はチャンスにも絡んだ。

 

FW

39 パトリック 5(74分 OUT)

空中戦で清水の両CBに勝てず、裏への動き出しも少なく、前線で起点になれずに51分の決定機も逃した。

 

9 工藤壮人 5.5(49分 OUT)

前からの守備に関しては良い働きを見せたが、30分の決定機を決めきれず、攻撃で大きな仕事はできなかった。

 交代出場

FW

31 ティーラシン 6.5(49分 IN)

2度の決定機はどちらもGK六反に阻まれたが、攻撃の突破口を開くという意味では効果的な働きを続けた。

 

MF

18 柏 好文 5.5(56分 IN)

今季初のベンチスタートでジョーカー役を期待されたが、ドリブルで打開した場面が少なく、やや物足りない。

 

FW

16 ベサルト・ ベリーシャ 6(74分 IN)

投入直後のヘッドは決めきれなかったが、ボールを収めて起点になる意味ではパトリック以上の働き。今後に期待が持てる。

 

監督

城福 浩 5.5

テーマとしていた前からの守備は機能させ、交代策も効果を上げたが、セットプレーの対応と後半の入り方の問題を露呈。

 

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事